学問・資格

2008年7月24日 (木)

行政書士試験の監督員と本部員

他の国家試験は分かりませんが、行政書士試験の場合、試験当日の試験会場の設置や受験生の監督は、現役の行政書士が行っています。

試験会場の設置をするのが“本部員”、受験生の監督をするのが“監督員”です。
東京会の場合、本部員や監督員になるには、行政書士登録している会の各支部の支部長推薦が必要です。

本部員の主な仕事は、案内板の設置や監督員が教室で配る試験用紙・解答用紙の用意、試験中の見回りや受験票を忘れてきた受験生のフォローなんかも含まれていました。

ワタシが何を担当したかと言えば、「振鈴係」です。
行政書士試験を受験したことがある方にはお馴染みの、試験開始時と終了時に耳をつんざくように鳴らされる「ガランガラン」のアレです。

監督員は振鈴の音で試験の開始と終了の声を掛けますので、責任重大です。
フライングで鳴らしてしまうと、試験開始がその会場だけ早まってしまうし、終了時に遅く鳴らしてしまうようだと、他の会場より試験時間が長くなってしまうしで、5分前くらいからスタンバイするのですが、振鈴を落としやしないかとヒヤヒヤものでした。
事前打ち合わせをしっかりしましたが、自分が受験した時よりも緊張したかもしれません^^;

今年も、行政書士試験監督員・本部員の募集が始まりました。
もうそんな時期なんですね。
去年は振鈴を振り過ぎたせいか、回収した試験問題の仕訳に張り切ってしまったせいか、試験の翌日腕が微妙に痛かった記憶があります。
今年はそんな体たらくを返上するためにも、本部員にリベンジしようと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ゴキブリが・・・

今日は、愛玩動物飼養管理士2級の講習会でした。

大宮のソニックシティで行われたのですが、50~60人入れそうなホールは、受講者でいっぱいでした。
他の部屋でも、講習会は行われていたようなので、思いのほか愛玩動物飼養管理士資格は人気があるようです。

朝の10時15分から始まり、夕方の4時45分まで計6時限のメニューだったのですが、まぁ覚悟して行ったせいか大したストレスもなく無事に終了しました。

が、途中思いもかけないハプニングがありました。

ワタシはホールの左端の後ろから2番目に座っていたのですが、5時限目が始まった辺りで、何やらひとつ前の席の方が下の方を見てきょろきょろしているではありませんか。何だろうと思って彼らが見つめる方角を確認してみると、黒い物体がちょろちょろ・・・。

言わずと知れた○キブリ君が元気に動き回っているではありませんか!
もう、授業どころではありません。
受講生の足元を、ひたひた進む○キブリ君がいつ自分の方へ向ってくるのか・・・脳の99パーセントが○キブリの今後の進路に集中していました。
徐々に前の方に移動して行く○キブリ君に安心したのも束の間、講師に目撃されたせいか、だんだん後ろの方に戻ってくるではありませんか!
中腰状態で逃げる態勢を万全に整えたところで、事務局の(?)おじさんが処理なさいました。

流石に動物好きが集まっていたからか、自分の足元を○キブリ君がちょろちょろしていも何事も起こっていないかのように悠然としている、受講生が圧倒的だったのはホント天晴れでした。
皆さん生き物が心底好きなのね・・・いやワタシだって生き物はスキなんですよ。けど、どうしても○キブリはダメなんです。気持ちがどうこう言う以前に身体が勝手に逃げるんです・・・。
直接的な攻撃をしてきたりしないと、解っていても、怖いものは怖いのです!
だいたい何で、大宮ソニックシティなんて立派な建物の中にヤツがいるのか・・・shock

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

行政書士業務の幅広さ

行政書士が携われる業務は多いとは思っていましたが、問い合わせを頂く内容がホントに幅広いです。

「食べ物や」という看板を上げたレストランを経営しているようなものかなと最近思います。

本当はラーメンを主軸にしようと思っていても、「うな丼」を注文されたら、「食べ物や」と名乗っている以上、美味しい「うな丼」を提供します。

「うな丼」を作るには、いいうなぎを仕入れて、蒸したり焼いたりタレを作ったり美味しいご飯を焚いたりと数々の工程を経る必要があります。
たとえ「うな丼」の専門店ではなくても、冷凍のバーゲン品を提供したりはできません。

行政書士業務の場合、「会社設立専門」と名乗っていても、通常行政書士であれば当然に出来そうな業務の依頼もあると思います。
会社設立に伴って、許認可の申請や入管関連の依頼に発展する、なんてこともありそうですよね。

なので、「行政書士」というカンバンを掲げるということは、超器用な万能料理人になることの宣言であるのかもしれないなあ・・・と思います。
何にせよ、美味しいものを提供するといラインは絶対下回れないですからね。
日々、勉強です^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

行政書士の事務能力

行政書士事務所を開業して、大多数の人が一番最初に考えるのは、業務についての知識向上を除くと、「どうやって依頼を取るか」と言うことだと思います。

友人知人に開業通知を出したり、ホームページを作成したり、雑誌などに広告を掲載したりと、努力の結果晴れて待望の初業務受任となります。

どんな依頼が来ても、すべてが初めての経験になるわけで、机上の知識をどうやって現実の申請に合せていくか、一から必死で考えます。

しかし、「依頼をどう処理するか」よりもそれ以前に考えておかなければならないのが「依頼人とどう話しを進めていくか」ということです。

会社組織であれば、その専門の仕事を完了すれば、仕事は終わります。あとの処理は他の部署の仕事です。
しかし、個人で開業した行政書士は、業務が完了しても、それで終わり、ではありません。

特に企業相手に業務を請け負う場合は、業務についての打ち合わせ、価格(報酬)の折衝、納期の確認、連絡体制の確保から始まって、見積書の提出や報酬の支払いに関する取り決めなど最初にやっておかなければならないことも山とあります。
そして、業務完了後には、依頼人に渡すべき書類の提出、請求書の作成、代金の受領確認、領収書の作成発送(お届け)など数え上げたらキリがないほど、雑多な事務仕事が待っています。

業務の確かな遂行は、我々がプロである以上、当然に求められる能力ですから、キチンと業務を完了したことは、依頼人にとっては特別なことではないのです。
結局、この雑多な事務仕事をいかに効率的に処理できるかで、依頼人の信頼を得られるかが決まる、と言っても過言ではないのでは、と最近思いました。

まぁ、実際にやってみなければ分らないという部分や、依頼人によっても違う場合があるので、一概にマニュアル化するのは、難しいところもあります。
逆に個人の依頼者の場合、あまりにも杓子定規に対応するのもどうかと思いますしね。

依頼人の要望とこちらの都合を上手く融合させて、臨機応変に対処できるとお互いに満足できる結果に繋がるのかなと思います。
この辺の事務能力は数をこなして、経験値を上げていくしかないのかな。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

明日からADR研修会

明日、5月16日から18日まで、九州大学法学研究院の紛争管理研究センター主催の「紛争管理と調停トレーニング」に参加します。

お忘れかも知れませんが、ワタシは東京都行政書士会ADRセンター第3期研修生なのです^^;

どんな研修になるのか楽しみですがが、不安がないわけではありません。
講師は、実際にニューヨークで調停実務に携わっておられたレビン小林久子先生です。
お名前は幾度となく、ADRの研修中にお聞きする機会はあったのですが、“生レビン小林先生”は初めてなので、ちょっと今から緊張しています。

東京都行政書士会のADR研修基礎講座を受けてから、かなり月日が経っていることもあり、知識が脳の奥底に沈んでいることも、不安要素の一つです。
このブログを書いたあと、レビン小林先生の著書「調停者ハンドブック」や「調停への誘い」などをサラッと読み直そうと思います。が、読み直す時間はあるのか微妙・・・shock

トレーニングは朝9時半から夕方5時までです。これを3日間ですから、かなり中身の濃いものになると思います。
ちなみに、場所は東京です。九州までは流石に・・・^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

なぜ“相続”なのか

前にも書きましたが、ワタシは入管関連のお仕事をしたくて、行政書士資格を取りました。

苦節云年目にしてやっと資格は取れましたが、いざ行政書士有資格者になってみても、仕事のやり方は皆目分かりません。試験科目には現実の業務に直結する知識(たとえば許認可の取り方)は含まれていないからです。
巷で売られている行政書士の開業成功本を何冊か読んでみましたが、一向にイメージも湧いてきませんでした。
というより、ワタシ自身が行政書士業務の全容(?)を把握していないのがそもそもの問題なのでは?と思い至りました。

で、とある予備校の実務者研修を受けてみたわけです。いま考えても豪華な講師陣だったその実務者研修で「相続」が行政書士業務に含まれると知ったのです。

わたくし事ですが、私の両親はワタシが24歳と30歳のときに亡くなっています。実際の相続の現場を身近なところで2回体験したわけですが、そのときは特に専門家に依頼したりはしませんでした。
相続財産に不動産がなかったのが最大の理由ですが、そういったことを相談する所があるという知識が欠落していたというのも理由のひとつです。相続は弁護士が扱うモノで、すっごくお金持ちの人にしか関係ないぐらいに思っていました。

その時の自分なりには精一杯頑張っていろいろな手続きをしましたが、いまでも何か抜け落ちていたことや、ホントはそうすべきではなかったことなどがあったのでは?と不安に思う事があります。
親が死んで、その直後に葬式の手配や知人・親戚への連絡、役所や保険会社その他諸々の手続や手配を、近い親族が自ら行うのは気が紛れるという効果も実際ありますが、掛かったストレスはそれを上回るものがありました。

某予備校の実務者研修で、行政書士業務に「相続」が含まれると知ったとき、もし両親が亡くなったときに、相続に関する手続だけでも代わってやってくれる人がいると私が知っていたら依頼したかを考えました。したかもしれないし、しなかったかもしれません。
しかし、もしも依頼していたら、「なにか間違ったことをしていなかったか・・・」という不安をいつまでも抱えていなくて済んだ事だけは間違いありません。
この不安はどうにも取り除きようがない分、厄介なものです。

いずれにしても、人が亡くなってから相続までの様々な手続きは思った以上にストレスの掛る、出来れば避けて通りたい手続きだとは、声を大にして言いたいです。

以上、山本行政書士事務所がなぜ、相続業務をしようと思ったか、でした。
長いし、まとまってないし・・・^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

やっと簿記にもなれてき・・・

ましたと言ってもいいものかどうか微妙ですが、頑張っている今日この頃です。

簿記3級は簡単だという情報に「そっか簡単なのか」と、自分の実力も顧みず、余裕ぶっていたところ、人には適性があるんだなあ・・・と思い知りつつあります(-_-;)

簿記3級講座も8回目を修了しまして、残すところあと2回となりました。
サボり時期を克服し、へろへろながら通っていますが、なんとか仕訳にも慣れつつあります。
唯一、合計残高試算表は大得意です。って簡単なんだってば・・・。

なぜか、買掛と売掛を記入するときのみ異様に迷いますが、あとはなんとか・・・なっているのかどうか、どうなんだろ?
ていうか、例題を数こなさないとどうにもならないのだけは、やっと分かってきました。

3級講座が終わったら、即2級講座が始まります。自分で選んだ道とはいえ、何でもうちょっと余裕を持って日程調整をしなかったのか・・・マジメに悔やんでます(涙)

簿記を侮るべからずです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

行政書士に簿記の・・・

1週間ぶりの、行政書士的簿記3級講座に行ってきます。

簿記いやさにサボっていたわけではありません、念のため。
いや、行けなかった理由のうち、兄弟姉妹の相続分くらいはサボり気分もあったかもしれません^^;

3回4回分に出席していませんので、講義前に行われるミニテストは全滅覚悟です。
問題用紙がほしいので受けますけどねミニテスト。

やっぱり平日の昼間、週2回通うのは無理があるのかな。
これで4月からは月に2回、成年後見基礎講座が加わると・・・大丈夫なのか?って最初からわかっていて申し込んではいるんですが、ちょっと甘かったかも。

結局、復習も出来てないし・・・TACの場合、講義のテープダビングは無料なんですが、手元にデッキがないので、って今時テープってどうなの?

ああもう、とにかく行ってきまーす。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

2回目は難しい?

なんせ知らない言葉のオンパレードでした。

簿記検定講座の第2回目です。
「先入先出法」「商品有高帳」「移動平均法」「仕入諸掛り」「売上諸掛り」・・・。
諸掛りって・・・?

理解する前にどんどん先に進んでしまうので、今日はツイテ行くだけで精一杯でした。
横浜商店のヤツは感じ悪いぐらいしか頭に残っていません。東京商店はいいヤツっぽいです。
これは本気で復習しないと、ヤバイ事になりそうな予感がします。

講義前のミニテストでは「支払利息」の仕訳を間違えました。費用なのは解ったんですけど、なぜか貸方へ。
反省反省。
今日はちゃんと復習します。多分・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

行政書士的簿記講座

先週の木曜日に第1回目の「簿記検定3級講座」に行ってきました。

以前通った行政書士試験用の予備校の講座と違って、いたってのんびりした空気が教室中に蔓延しています。行政書士事務所開業後、研修会や勉強会などに参加することが多くありますが、講師がこんなに穏やかに喋る講義はなかったやも知れません。

第1回目の講義内容は、簿記の基礎・日常の手続などでした。
言わずと知れた、貸借対照表および損益計算書の意味や、簿記の5要素、簿記上の取引の勘定・仕訳などを学習しました。

平日の講義と言う事もあってか受講者は7割ぐらい女性でした。若い方、年配の方いろいろです。
まだ1回目の講義ですので何とも言えませんが、何とかなりそうな感じですかね、今のところ。貸方とか借方とか去年読んだ市販の簿記検定3級用のテキストの内容、忘れているかと思いきや意外と覚えていて、講義内容もスムーズに頭に入ってきましたし。今後難易度を増していくかもしれませんので油断は禁物ですけどね。
復習は怠りなく実行していこうと思いますです。はい。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)