« LLPの存続期間の変更と解散? | トップページ | 入管法が変わります »

2010年4月11日 (日)

離婚協議書のススメ

飛鳥山の行政書士、おさること山本恵美子です。

ブログ投稿は超お久しぶりになってしまいました。
今年になってハジメテ・・・?
あけましておめで・・・とはいまさらですが、今年もよろしくおねがいいたしますm(__)m

さて離婚に伴って夫婦で話し合って合意した内容を書面化したものが、離婚協議書とか離婚給付等契約書などと呼ばれるものです。

離婚協議書にはおもに以下のような事柄を記載します。

  • 離婚の合意
  • 親権者の定め
  • 養育費
  • 面接交渉権
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 清算条項

「離婚の合意」以外はそれぞれのご夫婦の状況や合意内容により、記載するかどうかは変わります。

まずは、話合いがついているものとついていないものを分けましょう。
たとえば、

  • 離婚の合意はあるか
  • 子どもはどちらが養育するのか
  • 養育費(金額・支払い方法・支払先・総額の取り決め・いつからいつまでなど)の合意はあるか
  • 面接交渉についての合意はあるか
  • 慰謝料の金額・支払方法等は合意しているか
  • 婚姻中に作った財産について、誰が何を取得するのか、その方法などの合意はあるか
  • 離婚協議書の作成について合意しているか
  • 離婚協議書を公正証書にするか

など、ご自分の状況に応じてチェックリストを作るなどして整理してみましょう。

項目は、
「話合いがついているもの」
「話し合っていないもの」
「今後話し合うべきもの」
「話し合わない方がいいと思うもの」
などが考えられます。

「離婚はする」「養育費は払う」と言いつつ、いざ細部を話し合おうとすると、ノラリクラリ・・・とはよく聞く話しですが、ある程度具体的に話し合うべき項目を事前に用意しておくと、スムーズに話合いが進みます。

ワタクシごとですが、一昨年離婚した際、私自身は上記に書いたような離婚協議書は実は取り交わしませんでした。
離婚協議書を作らなかった理由は簡単で、第1に養育が必要な年齢の子どもがいなかったこと、第2に離婚の理由が浮気や相手の暴力ではなかった、つまり慰謝料が問題になるような離婚ではなかったこと、第3に財産分与についてはほぼ話し合わなかったこと、がおもな理由です。

逆にいえば、養育が必要な年齢の子どもがいる場合、離婚の理由が相手の浮気などで慰謝料を請求する場合、財産分与に関してキッチリしておきたい場合、などの理由があったら、離婚協議書は作るべき、と私は考えます。

「絶対に合意事項(約束した内容)を守ってほしい!」という必要性があるか、ということにつきます。
これから別れようとする相手に、場合によっては遠い将来までも続く金銭的な約束をさせ、あまつさえそれを守らせようというのですから、単なる口約束で何とかなるとは正直思えません。
もちろん、書面化したからと言って、相手が合意した内容を必ず守ると保証されるものではないことは言うまでもないことではあります。
ですが、相手が信頼に足る人間性を持っているかどうかなどという次元の問題ではなく、客観的に「お互いの合意があったこと」を証明する、信頼できる手段として、離婚協議書(公正証書での)の作成をおススメします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« LLPの存続期間の変更と解散? | トップページ | 入管法が変わります »

離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/34179840

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚協議書のススメ:

« LLPの存続期間の変更と解散? | トップページ | 入管法が変わります »