« 離婚協議書のススメ | トップページ | 久しぶりに暑い »

2010年4月18日 (日)

入管法が変わります

こんにちは。飛鳥山の行政書士、おさること山本恵美子です。

先週のことになりますが、東京都千代田区のシェーンバッハサボーで行われた、日本行政書士会連合会主催の「行政書士申請取次実務研修会」へ参加してきました。

日本に在留する外国人が、その在留資格を変更したり、期間を更新するなどの各種申請を行おうとするときは、原則として自分で地方入国管理局に出頭する必要があります。

所属する行政書士会を経由して地方入国管理局へ届出した行政書士(申請取次行政書士とか、届出済行政書士と呼びます)が上記の各種申請をする場合、この本人出頭が免除されます。
この申請取次行政書士になるには、当然ながら、出入国管理業務についての知識を有していることが条件になります。
そのため、新規に申請取次行政書士になろうとするときや、申請取次の届出には期間がありますので、その期間を更新しようとするときなど、研修会へ参加することが義務付けられています。

今回の研修で気になったのが、昨年の外国人の新規入国者数です。
右肩上がりに増加していたのが、新規入国者全体で平成21年は前年比20.7%の減少、在留資格「技術」にいたっては前年比63.5%も減少しているということでした。
新規入国者の減少の原因は、東京入国管理局の統括審査官のお話によると、「不況」につきるようですが・・・いやはや。

もう一つ気になったのが、去年公布された改正入管法についてです。
在留カードの導入や、在留資格「就学」と「留学」の一本化など、注意事項満載の研修会でした。

改正入管法については下記を参照ください。
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact/newimmiact.html

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 離婚協議書のススメ | トップページ | 久しぶりに暑い »

外国人の在留資格(ビザ)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
不法滞在者も劇的に減ってきてますね。
10万人を割ってきたようですが、これも日本に魅力がなくなったせいかな?入管の努力のせいかな。

投稿: クレヨン | 2010年4月20日 (火) 10時50分

クレヨンさん

こんにちは。
悲しいかな、不況の影響で、日本に経済的な魅力がなくなったのは確かかもしれませんね^^;
一方で、外国人登録をした外国人は増えているようなので、入管の努力もあるかもしれませんね。

投稿: おさる | 2010年4月20日 (火) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/34284519

この記事へのトラックバック一覧です: 入管法が変わります:

« 離婚協議書のススメ | トップページ | 久しぶりに暑い »