« 2009年11月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年4月

2010年4月22日 (木)

メーリングリストのメールが来なく…

こんにちは。飛鳥山の行政書士おさること山本恵美子です。

いくつかのメーリングリストに登録しているのですが、なぜかその内、インフォシーク関連のメーリングリストからの、メールが来なくなってしまいました。

こちらから発信したメールはどうやら届いているようなのですが、自分で出したものすら届きません。
どうなっているんですかね。
迷惑メールに振り分けられているということもないので・・・。
なにやらの、ワタシの受信設定の問題なんですかね。
どこかイジッタ覚えもないので、ほとほと困っています。

またわけも分からずアチコチいじると、それこそ収拾のつかないことになるのが恐ろしくて、まんま放置していますが、このままではイカンのです。

突然、特定のメーリングリストのメールが届かないときの対処法をご存じの方いらっしゃいましたら、ご教授ください。
おしえてグー行きかな・・・とほほ。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

久しぶりに暑い

飛鳥山の行政書士、おさること山本恵美子です。

いやー、今日は暖かいを通り越して暑いですね
ほんの数日前には雪が降ったとは思えないような陽気です。

もうちょっと段階を踏んで、寒い→ちょっと寒い→寒くない→暖かい→暑い、といってくれると、身体も気温差に慣れるんでしょうけどね。

この4月は東京では、やたらと雨の日が多かったです。
「鬱陶しい!」と叫びたいぐらいでしたが、明日明後日あたりも、天気予報は下り坂のようで・・・いやはや。
「鬱陶しい」って、字面もウットウシイですね。

来週からはじまるゴールデンウイークは好い天気続きだといいですね。
遠出する予定はありませんが、天気は良いに越したことはありません。

こんなに好い天気なのにパソコンの前にいるワタシって・・・。
いやいや、いまからお出掛けです。
さて、行ってきます。
コート着て行くべきかな・・・ああウットウシイ。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

入管法が変わります

こんにちは。飛鳥山の行政書士、おさること山本恵美子です。

先週のことになりますが、東京都千代田区のシェーンバッハサボーで行われた、日本行政書士会連合会主催の「行政書士申請取次実務研修会」へ参加してきました。

日本に在留する外国人が、その在留資格を変更したり、期間を更新するなどの各種申請を行おうとするときは、原則として自分で地方入国管理局に出頭する必要があります。

所属する行政書士会を経由して地方入国管理局へ届出した行政書士(申請取次行政書士とか、届出済行政書士と呼びます)が上記の各種申請をする場合、この本人出頭が免除されます。
この申請取次行政書士になるには、当然ながら、出入国管理業務についての知識を有していることが条件になります。
そのため、新規に申請取次行政書士になろうとするときや、申請取次の届出には期間がありますので、その期間を更新しようとするときなど、研修会へ参加することが義務付けられています。

今回の研修で気になったのが、昨年の外国人の新規入国者数です。
右肩上がりに増加していたのが、新規入国者全体で平成21年は前年比20.7%の減少、在留資格「技術」にいたっては前年比63.5%も減少しているということでした。
新規入国者の減少の原因は、東京入国管理局の統括審査官のお話によると、「不況」につきるようですが・・・いやはや。

もう一つ気になったのが、去年公布された改正入管法についてです。
在留カードの導入や、在留資格「就学」と「留学」の一本化など、注意事項満載の研修会でした。

改正入管法については下記を参照ください。
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact/newimmiact.html

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

離婚協議書のススメ

飛鳥山の行政書士、おさること山本恵美子です。

ブログ投稿は超お久しぶりになってしまいました。
今年になってハジメテ・・・?
あけましておめで・・・とはいまさらですが、今年もよろしくおねがいいたしますm(__)m

さて離婚に伴って夫婦で話し合って合意した内容を書面化したものが、離婚協議書とか離婚給付等契約書などと呼ばれるものです。

離婚協議書にはおもに以下のような事柄を記載します。

  • 離婚の合意
  • 親権者の定め
  • 養育費
  • 面接交渉権
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 清算条項

「離婚の合意」以外はそれぞれのご夫婦の状況や合意内容により、記載するかどうかは変わります。

まずは、話合いがついているものとついていないものを分けましょう。
たとえば、

  • 離婚の合意はあるか
  • 子どもはどちらが養育するのか
  • 養育費(金額・支払い方法・支払先・総額の取り決め・いつからいつまでなど)の合意はあるか
  • 面接交渉についての合意はあるか
  • 慰謝料の金額・支払方法等は合意しているか
  • 婚姻中に作った財産について、誰が何を取得するのか、その方法などの合意はあるか
  • 離婚協議書の作成について合意しているか
  • 離婚協議書を公正証書にするか

など、ご自分の状況に応じてチェックリストを作るなどして整理してみましょう。

項目は、
「話合いがついているもの」
「話し合っていないもの」
「今後話し合うべきもの」
「話し合わない方がいいと思うもの」
などが考えられます。

「離婚はする」「養育費は払う」と言いつつ、いざ細部を話し合おうとすると、ノラリクラリ・・・とはよく聞く話しですが、ある程度具体的に話し合うべき項目を事前に用意しておくと、スムーズに話合いが進みます。

ワタクシごとですが、一昨年離婚した際、私自身は上記に書いたような離婚協議書は実は取り交わしませんでした。
離婚協議書を作らなかった理由は簡単で、第1に養育が必要な年齢の子どもがいなかったこと、第2に離婚の理由が浮気や相手の暴力ではなかった、つまり慰謝料が問題になるような離婚ではなかったこと、第3に財産分与についてはほぼ話し合わなかったこと、がおもな理由です。

逆にいえば、養育が必要な年齢の子どもがいる場合、離婚の理由が相手の浮気などで慰謝料を請求する場合、財産分与に関してキッチリしておきたい場合、などの理由があったら、離婚協議書は作るべき、と私は考えます。

「絶対に合意事項(約束した内容)を守ってほしい!」という必要性があるか、ということにつきます。
これから別れようとする相手に、場合によっては遠い将来までも続く金銭的な約束をさせ、あまつさえそれを守らせようというのですから、単なる口約束で何とかなるとは正直思えません。
もちろん、書面化したからと言って、相手が合意した内容を必ず守ると保証されるものではないことは言うまでもないことではあります。
ですが、相手が信頼に足る人間性を持っているかどうかなどという次元の問題ではなく、客観的に「お互いの合意があったこと」を証明する、信頼できる手段として、離婚協議書(公正証書での)の作成をおススメします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年7月 »