« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

行政機関情報公開法でした

昨日は、第5回目の行政書士公法研究会でした。

今回も恙なく無事終了することができました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

さて、今回の研究会のテーマは行政機関情報公開法でした。
行政書士試験の法令科目にもありましたね(今もあるのかは不明・・・)。

研究会で発表された内容は、情報公開・行政機関情報公開制度の概念、不開示情報、開示・不開示決定に対する不服申立て、情報公開・個人情報保護審査会への諮問制度、公共事業関連の情報公開に関する判例の検討・・・と多岐にわたりました。

なかでも情報公開制度の概念は、とても分かり易くまとめられていましたので、以下にご紹介します。

1、情報公表義務・・・法令で一定の情報公表が義務付けられている制度。

2、狭義の情報提供・・・法令で情報の公表は義務付けられてはいないが、行政機関等の側から自主的に(裁量によって)国民に一定の情報を提供する制度。

3、情報開示請求・・・国民等に情報開示請求権を付与し、開示請求権が行使されたときに、行政機関等が不開示情報に該当しない情報の開示義務を負う制度。

行政機関情報公開法の目的は、行政機関の保有する情報の公開性を高めて、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することです。
公正で民主的な行政を推進するには、国民の側が行政機関が保有する情報についての正しい理解が必要です。その為には必要な情報が正しく国民にタイムリーに伝わることが不可欠であると、今回の研究会で学びました。
国民がその情報をいつ知ったか、というのは情報を正しく冷静に理解するには思いのほか重要です。
すべてが既成事実化してから公表するというのが今までの行政のやり方でしたからね。
計画段階で知っていれば、話し合いの可能性があったのでは?と思うような裁判例も多々あります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

戸籍謄本の郵送での取得

ここのところ毎日、戸籍謄本や固定資産評価証明、住民票に戸籍の附票などなどの郵送での取得手続きが続いています。

一日に何件も扱うと、A市役所の封筒にB区役所に郵送するはずの請求書を入れてしまう・・・なんて失敗もありそうで、気が抜けない今日この頃です。

当然ながら、戸籍謄本等を郵送で請求すると、何日か後に各役所から戸籍謄本等が届きます。
同日に出したのもかかわらず、到着に2~3日開きがあったりするのは、お役所も十人十色な感じですね。

お役所によって十人十色といえば、郵送のあて先もそうですね。
「市民課」だったり「住民サービス課」だったり「戸籍・住民課」だったりいろいろです。

ワタシの場合、該当役所のホームページでまずは戸籍謄本等の郵送方法を確認します。
大抵そこに、「○○課あてに郵送ください」的なことが書かれていることが多いので、そこ宛てに郵送するか、役所のホームページは正直分かり辛いモノが多く「○○課あてに・・・」のように親切に宛先が記載されていない場合は、直接役所に電話して確認したりします。

「A市役所御中」でも間違いなく到着するとは思うんですけどね。
ま、念のためというか、その方が多少でも迅速に処理してもらえそう・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ADR中級編後半戦スタート

今日からADR中級編の後半戦がスタートします。

前評判通り4期生の方々は優秀な方が多く、落ちこぼれ3期生のワタクシとしては学ぶところの多い研修となっています^^;

前回は基礎編の復習という色合いが濃かった研修会でしたが、今日の研修は合意文書の作成、難しい場面での対処など、今までより一歩踏み込んだより現実の調停に近い状態を想定しての研修になる模様です。

最後にはお待ちかねの調停ロールプレイも・・・。

このロールプレイは、われわれが調停人、申立人、相手方のいずれかになり切って、それぞれが共通事項と秘密事項を熟読した上で行われます。
相手方の立場から見た調停人や調停人の立場から見た申立人など、仮想とはいえその役割になり切って見渡すと、参考書や講師の方から習った「調停像」がよりいっそうリアルに感じられます。

ロールプレイを体験する前は、何のためにこんなことをするのか、その役になり切ったところで自分は自分でしかないのに・・・というのが正直な気持ちでしたが、実際にその役になって紛争解決について考えていくと、調停人、申立人、相手方とそれぞれどんな気持ちやスタンスで調停に参加したのか、調停というこの場にいるのかということが自分の実感として理解できたりします。

中級編の研修は明日が最終日ですが、今日を含めてあと3回調停ロールプレイをやる予定です。
役がふられるのはランダムですが、最低でも1度は調停人役が回ってきます。
やはり何と言っても一番難しいのは「調停人」役ですから。
頼むから自分が調停人役をやるときにはあんまり難しいお題は勘弁してほしい・・・と思いつつ中級編行ってまいります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

遺言の年齢制限

遺言には年齢制限があります。

民法961条に「15歳に達した者は、遺言をすることができる」とありますので、15歳に達しない者が遺言をしたとしても、法的拘束力を持ちません。が、15歳以上の者であれば、未成年者でも有効に遺言を書き残すことができます。

民法上原則として、未成年者が物の売り買いなどを行う場合親権者(法定代理人、通常は両親)の同意が必要です(民法5条1項)。
この規定は、通常未成年者は成人と比べて自分がその行為によってどんな権利義務を負担することになるのかを十分に理解することが出来ないことから、未成年者を保護することを目的に、画一的に未成年者を制限行為能力者としてしています。
なので、親権者から処分を許された財産についての処分などいくつかの例外を除いて、未成年者がした取引行為については原則として親権者の同意を必要とし、同意がない場合は取り消すことができるとしています。

が、遺言に関しては「15歳に達した者」は親権者の同意がなくても有効に遺言を書き残すことができます。
遺言も法律上の効果を発生させる行為ですが、なぜ親権者の同意を必要としないのでしょうか。

未成年者の取引行為を制限するのは、「未成年者に不利益をもたらす恐れのある取引行為から未成年者を守る」ことが主な目的です。

遺言の効力は遺言者の死後に発生します。
未成年者が遺言書を書き残した場合、その遺言の効力が発生するのは未成年者が亡くなったあとなのです。
なので、未成年者を守るという配慮をするよりも、本人の最終的な意思表示である遺言を尊重すべきという考えから、親権者の同意がなくても未成年者でも15歳以上であれば有効に遺言を書き残すことが出来るのです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

遺言がないと相続人の気持ち次第?

遺言をしないと実現できないことがあります。

たとえば、相続人が10人もいる人が、妻一人にすべての財産を相続させようと思ったときなどがそれにあたります。

もちろん遺言がなくても遺された相続人達が、亡くなった方の生前の意思を尊重してくれる場合もあるでしょう。
しかし、相続人のすべてがモノ分かりのいい人たちとは限らないのです。

稼業を継いでくれる長男に土地家屋を相続させたい。相続人の誰にも財産を遺したくない。財産のすべてを慈善事業に寄付したい。自分が亡くなった後に子供を認知したい。お世話になった友人に財産を遺贈したい・・・。

遺言を書いたからと言って、すべてが書いた通りに行くかと言えばそうはいかない場合もあります。
が、遺言を書かなければ、相続人の意思に委ねるしかなくなってしまうか、まったく実現不可能のいずれかなのです。

■遺言を遺した方が良いケースとしては

  • 妻に全財産を遺したいなど、法定相続分と異なる配分をしたいとき。
  • 相続財産の種類が多いとき。
  • 相続人が妻(夫)と縁遠い兄弟姉妹だけのとき。
  • 事業承継が気がかりなとき。
  • 相続人以外の人(団体)に財産を贈りたいとき。
  • 死後認知したいとき。
  • などが考えられます。

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009年1月12日 (月)

    ADR研修はやっぱり・・・

    中級編ADR研修に参加してまいりました。

    5時間以上の研修でしたが、参加型の研修ですので相変わらず時間的な窮屈さは感じません。

    基礎編を受けてから1年以上の月日が経っていますのでどこまで基礎編で学んだことを覚えているか不安もありましたが、途中レビン先生の講義やADRセンター主催(?)の研修会に参加していたご利益か、何とか講義にもついて行けましたのでまあまあ安心しました。

    基礎編やレビン先生の講義でも幾度となく学んだ、「課題の特定」についてはあらためて難しいと感じました。
    事例として挙げられている例題から「課題」を抽出することはなんとか出来たとしても、実際に今まさに紛争の真っただ中にいる相手方から話しを聴きつつ、話し合うべき課題を浮き彫りにして、さらに抽出した課題を自分の感情を交えず中立公平に紛争当事者に提示するとうのは、やはり相当に難度が高いと・・・またその課題を特定する作業はまだまだ序の口といってもいいくらいで、登山で言ったら入山届を出したぐらいのもの?てな感じで。
    山は垣間見たけどまだ登ってない・・・みたいな。

    まだまだ道は険しい・・・。

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2009年1月10日 (土)

    建設業許可申請?

    最近は相続遺言手続き専門か?!ってくらい相続遺言関係の業務ばかりを反復継続していたワタクシに、なんと建設業許可申請の問い合わせがありました。

    いやもう楽しいっすね。建設業許可申請。

    まだ調べ始めたばかりですが、許認可はやっぱり面白いです。

    いま許可申請に必要な書類を調査していますが、いやいやどうしてなかなか大変そうで・・・^^;

    行政書士といえば建設業許可申請、建設業許可申請といえば行政書士・・・と言っても過言ではないだろう、行政書士の業務としては代表選手な建設業許可申請。

    チャンスがあったらやってみたい業務ベストテンのカナリ上位にランクされていたので、結構嬉しいです。

    年明け早々、幸先の良いスタートとなりそうです。
    頑張るゾーhappy01

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2009年1月 8日 (木)

    行政書士の登録変更

    離婚や結婚などで名前が変わったとき、住所や本籍、事務所の移動があった場合など行政書士登録の変更申請をする必要があります。

    たとえば、自宅開業の行政書士が離婚して引越し&旧姓に戻す場合、事務所・住所・氏名・本籍が変更申請の対象になります。

    様々ありましたが、登録変更申請書を今日作りました。戸籍謄本などの添付書類もそろいましたのであとは会員証と証票用の写真をとるだけです。

    今月から、会員証の更新手続きが始まりますが登録変更申請をする場合、あらためての更新手続きは不要ということでした。たまたまですがひと手間省けたような・・・。

    かなり迷いましたが、行政書士としては婚姻期間中の姓である「山本」で今後も活動していこうと思います。
    行政書士としては旧姓での登録も認められていることは知っていましたが、この制度をまさか自分で利用する機会が来ようとは思いもしませんでしたけどね^^;

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2009年1月 7日 (水)

    ADR中級編・・・参加します

    年末に行われた東京都行政書士会第3期ADR研修中級編を結果サボってしまったワタクシ。

    このままではイカンということで、今月行われる4期生の中級編に急きょ参加させてもらうことにしました。

    基礎編の研修を受けてから既に1年以上の時が経過していますので、ぴちぴちの4期生とのコラボには若干躊躇もありますが・・・まぁ何とかなるでしょう。

    お手数をかけてしまった関係者の皆さん、ありがとうございました&宜しくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2009年1月 5日 (月)

    ユーキャンのシカクムービー

    去年もやってくれましたが、今年もサンキューユーキャン。

    「迷惑店長と行政書士」・・・。

    Sさんから玉木宏様情報を頂きましたので早速見てみました。
    ユーキャンのシカクムービー。

    これほど自分が行政書士でよかったと思ったことがカツテあっただろうか・・・たくさんあったような気もしますが今は無視無視。

    ドジ店員がほんの2年でそれもユーキャンの通信講座で行政書士試験に受かるかどうかは謎ですが、それはもうさらに無視無視。

    しかしこのシカクムービーの中で玉木様演じる店長が請け負った業務、結構行政書士業務としてリアリティーがありましたね。
    風営、入管、告訴状、内容証明・・・。
    が、こんなに素敵な行政書士には離婚とかプライベートな依頼はし辛いかもな・・・。

    この続きテレビ化されないかしら・・・熱烈希望です。
    もちろん主演は玉木宏で・・・heart04

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2009年1月 4日 (日)

    そろそろお仕事モードに・・・

    3が日も無事終了、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    ワタシはと言えばもう怖いくらいにテレビ三昧なお正月でした。
    コレもほぼ3カ月にわたるテレビ禁生活の賜物と言えるでしょう。
    しかし午前中にドラマの再放送をしているのはどうなの?あらすじが分かっているだけに途中からでも視聴OKだし、見だすとやっぱり面白いから途中でやめられないし・・・まぁマンネリ化したお正月向けの特番よりは見甲斐があるのは確かだから、浮気しつつも結局見てしまうんですけどね^^;

    さて、そろそろお仕事モードに切り替えなければですね。
    今年のお正月休みは実質3が日のみでしたから、今日は普通に日曜休みというカレンダーですものね。

    年明け早々に、事務所移転やそれに伴う諸々の手続きをせねば。
    佳境に入りつつある相続手続きもあるし・・・もう言い疲れた感もあるマイホームページは今度こそ今度こそ実行に移さなければだし。
    あ、腕時計の電池も切れてるんだ・・・時計屋さんにも行って来なければ。

    明日は何かと忙しくなりそう・・・今年もがんばろっと。

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    2009年1月 3日 (土)

    誤植よりマシ

    お正月も3日目、皆さんいかがお過ごしですか?

    そろそろお節料理にも飽きて、カレーライスやハンバーグが恋しいころ合いですね。

    さて、今月号の「行政書士とうきょう」は配達がいやに早かったですね。昨日には届いていました。
    去年もこんなに早かったでしたっけ?そういう記憶がどんどん流失中のおさるです。

    「行政書士とうきょう」に1月28日予定の行政書士公法研究会第5回勉強会の告知を掲載したのですが、なんと講師(発表者)の名前がスッポリ抜け落ちていまして・・・。
    すでに皆様のお手元にぞくぞく届いている現状から、いまさら抗議したところで後の祭り・・・。

    人間のやることですから、ミスがあるのは百も承知のうえとはいえ・・・記載ミスは今回で2回目となると・・・ねぇsweat02

    というわけで正しい『行政書士公法研究会第5回勉強会』の詳細をあらためまして発表したいと思います。

    ★★★行政書士公法研究会第5回勉強会

    日時:平成21年1月28日
    (午後6時30分~8時30分)

    会場:台東区民館 第3会議室
    (台東区花川戸2-6-5東京メトロ銀座線浅草駅徒歩5分)

    テーマ:「行政機関情報公開法関連判例研究」

    講師:チューター・伊藤浩(台東支部)
        報告者・吉尾一朗(品川支部)

    受講料:2,000円(資料代込み)

    申込方法:下記メールアドレスへお名前・支部名・電話番号・メールアドレスを明記の上お申し込みください。

    メールアドレス:gyousei@yamamoto-tel.jp

    研修会後には毎回恒例となりました講師を囲んでの懇親会という名の飲み会も予定しています。
    毎回毎回、報告者の先生方がこれでもかっといほどの資料と情報を発表してくださいますので勉強会の内容も素晴らしいのですが、後半戦とも言える懇親会では他ではちょっと訊けそうもない実務の裏話など「ここだけの話し」的な耳寄り情報も飛び出したりしなかったり・・・まぁとにかく1度ご参加くださいhappy01

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2009年1月 2日 (金)

    迎春。ホームページ(泣)

    東京地方は3が日天気いいみたいですね。

    明けましておめでとうございます。

    あれよあれよという間に2009年が始まってしまいました。

    昨年は公私ともに激動の年となりましたが、今年はもう少し波風の立たない1年にしたいと切実に思います。
    ひとえに本人の自覚と運命が決めることではありますが・・・ご飯がおいしいとか、今日は暖かいなとかを“幸せなこと”と感じられる感性を失わず、何事にも前向きに一歩一歩マイペースに進んで行きたいと思います。

    不定期になってしまったおさるブログですが、今年はもう少しペースアップできるよう頑張りたいと思います。
    といかもともと毎日書く予定だったんですよホントは・・・それが離婚やら引越しやらで、パソコンが手元にあったりなかったり、パソコンはあるけどネット環境が・・・なんてことが度重なっているうちに1日とび2日とび、結果不定期になってしまったと。

    生活環境もだいぶ落ち着いてきましたので、今年はブログも業務も去年以上に頑張っていこうと思います。

    そして念願のマイホームページを・・・ああついに2年越しの悲願にsweat02

    何はともあれ今年もよろしくお願いいたします。

    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

    ブログランキング

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »