« 民法学習の基礎 | トップページ | 最近・・・ »

2008年11月11日 (火)

平成20年度行政書士試験終了

ちょっとばかりお休みをいただきました山本です。

ブログをお休みしている最中に、行政書士試験がありましたけど、今年も本部員としてお手伝いしました。

お仕事は去年同様振鈴係・・思いっきり鳴らしてきました。

受験された方的には、来年の合格発表が待ち遠しい人、ハラハラドキドキの人、諦めモードの人といろいろでしょうね。

私は結果3回行政書士試験を受験したのですが、試験終了直後はそのまま前祝い(残念会?)で一杯やってました。

が、やはり解答速報が気になりますので、早々に切り上げて各予備校で発表するインターネットの解答速報を見るのが受験日のお約束でした。

不合格だった最初の2回は、一般教養があと1問とかギリギリだったので、アキラメ9割淡い期待1割の、合格発表の当日まで微妙な時間を過ごしたりしていましたね。

結果を待つ時間は辛いですけど、来年の発表まで受験生の方は暫しの我慢・・ですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 民法学習の基礎 | トップページ | 最近・・・ »

行政書士試験」カテゴリの記事

コメント

ごくろうさまでした。
鐘がきこえました笑
試験委員をなさるということで、
直前期などは自分のような受験生からアクセスを控えた方が良いのか?とか思いましたが、
つい先の日記にコメしてしまいました
m(uu)m

私は三年前まで福祉職をしていまして、辞めて無職雇用保険受給期間中に3ヶ月独学で試験に挑み、足きり落ち、記述含めた自己採点も110点程度でした。

試験直後、
某行書・土調事務所勤務を経て、昨年度は試験勉強まったくせずに撃沈。
事務所が忙しいせいにして(><)

で、
今年6月に先生に勉強時間が欲しいなどと勝手をいって辞め、現在まで運送業のバイトしつつ、三回目に挑みました。

結果ですが
記述を除いて
140点
記述式は行政記述は「行政主体に取消訴訟を提起する」
と記載し、採点基準の詳細はわかりませんがおそらく0

民法記述は2問とも自信をもって書いたつもりが、債権譲渡の承諾の相手を譲渡人に限定してかいてしまい、、、

総合点おそらく160~170で撃沈です。

敗因は
憲法および商法会社法があわせて0、
また一般知識が6問と
民法や行政法と比べて極端にできないことでした。

長く書いてしまいましたが、一受験生のぼやきと思って聞き流してもらえれば幸いです。
また出直します。

お仕事頑張ってください☆
失礼しましたm(__)m

投稿: ゾルダ | 2008年11月11日 (火) 17時23分

ゾルダさん
試験本当にお疲れ様でした。
私が受験したときもそうでしたが、予備校の採点基準と本試験の基準はまったく違いますから、記述については発表を見るまで結果は分かりません。
実際に私の場合も、1問まったく見当違いの答えを書いたにもかかわらず、配点されていましたし。
噂はいろいろありますが、ホントのところはよく解りません。

いまはゆっくり休んで、疲れを取ることに専念してください。
とにもかくにもお疲れ様でしたm(__)m

投稿: おさる | 2008年11月12日 (水) 16時46分

おつかれさまでした。

投稿: ヒッキー | 2008年11月12日 (水) 21時35分

お疲れ様でした。
やっぱり普段使わない神経を使うようで、ぐたっと疲れましたね。。。。

投稿: クレヨン | 2008年11月12日 (水) 22時59分

ヒッキーさん
返信が遅くなり申し訳ありません。
いまパソコンがたまあにない生活を送っているので…。
ありがとうございます(^^)

投稿: おさる | 2008年11月16日 (日) 14時52分

クレヨンさん
お疲れ様でした。
いやーホント気疲れというか、変なところの神経を使いますよね。
でもま、無事に終わってよかったです。

投稿: おさる | 2008年11月16日 (日) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/25232671

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年度行政書士試験終了:

» 行政書士 [さやの出来事]
平成20年度行政書士試験終了 ... ブログをお休みしている最中に、行政書士試験... [続きを読む]

受信: 2008年11月11日 (火) 22時53分

« 民法学習の基礎 | トップページ | 最近・・・ »