« 区役所の戸籍係 | トップページ | 改正戸籍法による不服申立て »

2008年9月 9日 (火)

戸籍のコンピューター化

平成6年の戸籍法改正で、紙ベースの戸籍からコンピューター管理へと移行することとなりました。

が、いまだにコンピューター化されていない市区町村もあります。

相続人の確定調査で、まだコンピューター化されていない市区町村にぶち当たると、ちょっと得した気分になります。

紙式の戸籍が改製されていないので、取り寄せる戸籍謄本の数が1通少なくて済むのです。

コンピューター化された戸籍謄本は、いままでの戸籍謄本とは比べようもなく読みやすくなっています。
って、まず手書きじゃないですからね。
多少の味気なさは否めませんが、この便利さは捨てがたいところです。

ちなみに、コンピューター化され改製された戸籍謄本を「全部事項証明書」、戸籍抄本を「個人事項証明書」と言います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 区役所の戸籍係 | トップページ | 改正戸籍法による不服申立て »

相続・遺言無料相談会実施中」カテゴリの記事

コメント

抄本も本名が変わったのですか。
あまりとらんので気がつきませんでした。

投稿: クレヨン | 2008年9月 9日 (火) 23時36分

クレヨンさん
戸籍謄本を取っても、戸籍抄本を取っても市区町村でかかる手数料は変わりませんしね^^;
戸籍抄本は、戸籍界のマイナー戸籍度高いかもです。

投稿: おさる | 2008年9月 9日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/23626974

この記事へのトラックバック一覧です: 戸籍のコンピューター化:

« 区役所の戸籍係 | トップページ | 改正戸籍法による不服申立て »