« 怒涛の行政書士公法研究会・・・ | トップページ | ラストサムライ・・・ »

2008年9月27日 (土)

戸籍法はオモシロい

気が付けば週末・・・ですね。

今季初めて、水道の水が冷たく感じられました。
9月にしては寒いですよね?
去年の今頃の気候は記憶の彼方ですが、もう少し暖かい、というか暑いですよね、9月って。

さて、最近ハマりにハマっている戸籍法ですが、ちょっと基本に戻ってみました。

枝葉にばかり意識が行って、大本の「戸籍法」から遠ざかっていた様に感じましたので。

で、昨日あたりから「戸籍法」を1条目から読み返しています。

いろんな参考文献をツマミ食いしましたが、やっぱり戸籍法本体が1番面白いですね。
準用規定や委任規定は、あっち見てこっち見てで正直鬱陶しいですが、参考書をいろいろ読んだせいか、頭にスッキリ入ってきます。

あちこちの参考書を読んで、何気なく疑問に思っていたことが、何の事はない戸籍法に載っていた・・・なんて、どれだけ遠回りを・・・。
青い鳥は近くにいるというのはホントでした。

急がば回れ、基本を疎かにしちゃイカンですね^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 怒涛の行政書士公法研究会・・・ | トップページ | ラストサムライ・・・ »

相続」カテゴリの記事

コメント

♪青い鳥はもう弐度と帰ってこなかった、僕にははかない初恋だった。

カラオケに行って歌わずに帰ってきたのは、過去あったかな。。

あーわけわからんですね。失礼しました。

投稿: クレヨン | 2008年9月27日 (土) 22時50分

クレヨンさん
ネットカラオケ…karaoke
続きはぜひリアルでsign03

投稿: おさる | 2008年9月27日 (土) 23時10分

戸籍法って民法よりも古いんですよね。
戸籍法が民法の手続法って考えると不思議な感じですね。

条文解釈は法律学の基本ですね。
条文に始まり、条文に終わる。

そして参考文献と条文とを、
♪行ったり、来たり、すれ違い、
ですね。

投稿: 民法基礎です。 | 2008年9月28日 (日) 01時39分

民法基礎です。さん
いままさに行ったり来たりしている最中です^^;
しかしこのコメント欄、今日はなぜみんな歌うの?

投稿: おさる | 2008年9月28日 (日) 02時03分

民法第1編・第2編・第3編は、明治29年4月27日法律第89号
民法第4編・第5編は、明治31年6月21日法律第9号
戸籍法は、昭和22年12月22日法律第224号です。・・・・・・が?

投稿: ヒッキー | 2008年9月28日 (日) 11時38分

ヒッキーさん
「現行戸籍」は確かにそうですね。
しかし所謂「旧法戸籍」は明治4年4月4日太政官布告170号で府藩県に公布され、明治5年2月1日に施行されています。
その後明治19年に内務省令第22号で戸籍取扱手続による改革が行われ、明治31年の明治民法の親族相続編の施行にあわせて、単独法だった戸籍法は明治31年6月21日法律第11号に公布、明治民法の親族相続編と同日に施行され、民法の手続法的な役割を果たすようになります。
その後、大正3年に戸籍法改正、戸籍法施行細則が制定されています。
「旧戸籍法」は明治民法の公布・施行よりも早いです。

投稿: おさる | 2008年9月28日 (日) 18時11分

わかりました。
 そんな歴史があったのですね。
 ありがとうございました。

投稿: ヒッキー | 2008年9月28日 (日) 21時06分

ヒッキーさん
いえ、いつも鋭いツッコミをありがとうございます。
六法を確認してみましたが、戸籍法は昭和22年12月22日法224号となっていますね。
戦後の大改正は厳密には“改正”というより、新法の公布だったのでしょうね。
勉強になりました(^^)

投稿: おさる | 2008年9月28日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/24072812

この記事へのトラックバック一覧です: 戸籍法はオモシロい:

« 怒涛の行政書士公法研究会・・・ | トップページ | ラストサムライ・・・ »