« 行政書士試験夏季集中講座 | トップページ | オリンピックではマイナースポーツも »

2008年8月10日 (日)

クーリングオフは消費者の権利

日曜日恒例の、サムライ塾早朝民法ゼミに行ってまいりました。

今日のテーマはクーリングオフです。

クーリングオフとは、消費者が事業者と何らかの契約をした場合に、一定期間内であれば消費者側から無条件に申し込みの撤回または契約の解除ができる、消費者保護の観点から設けられた制度です。

契約解除または申し込みの撤回の意思表示は、書面でする必要があり、原則として8日以内に発信しなければ効力を生じません。
なので、契約解除または申し込みの撤回の意思表示は内容証明郵便が確実です。

内容証明郵便は、“誰が”“どのような内容”の文章を“いつ”“誰に”発送したのかを郵便局が証明してくれる郵便です。

クーリングオフの効果としては、その契約はなかったことになり、契約解除または申し込みの撤回に伴う損害賠償や違約金を事業者が消費者に請求することはできません。
また、すでに商品の引き渡しを受けていた場合の、引き取り費用または返還に要する費用は販売業者の負担になります。
すでに代金を支払っていた場合でも、クーリングオフをした場合、事業者は受領した金銭を速やかに返還しなければならないとされています。

クーリングオフは、相手方事業者の意向や、契約解除または申し込みの撤回をする消費者側の事情に関わらず、消費者が一方的に行使できる、消費者共済制度です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士試験夏季集中講座 | トップページ | オリンピックではマイナースポーツも »

内容証明」カテゴリの記事

コメント

初コメです!
クーリングオフは鮮度が命ですね!

解除というと民法の規定が思い浮かびますが、消費者保護からの解除という視点は大事ですね。

投稿: 民法基礎 | 2008年8月11日 (月) 18時07分

民法基礎さん
コメントありがとうございます。
「クーリングオフは鮮度が命」は、今月の名言ナンバーワンに推薦します(^^)
クーリングオフ制度の“解除”と、民法上の“解除”とは全く意味合いが違うということですね。

投稿: おさる | 2008年8月11日 (月) 19時08分

8日間なんてうじうじ悩んだらあっという間ですからね。
内容証明は近場の小郵便局ではできないのが難点です。

投稿: クレヨン | 2008年8月12日 (火) 10時56分

クレヨンさん
8日間は長いようで短いですよね。
大きな郵便局がソバにない方で、クーリングオフをする場合は、ぜひ行政書士へご依頼ください(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年8月12日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/22906452

この記事へのトラックバック一覧です: クーリングオフは消費者の権利:

» 知っ得■国内旅行傷害保険・NTTグループカードのサポート、サービス・エコマネー [知っ得■国内旅行傷害保険・NTTグループカードのサポート、サービス・エコマネー]
知っ得■国内旅行傷害保険・NTTグループカードのサポート、サービス・エコマネー [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 23時27分

» 銀行系 [銀行系]
銀行系 [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 18時47分

« 行政書士試験夏季集中講座 | トップページ | オリンピックではマイナースポーツも »