« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

遺産分割協議後に現れた相続人

日曜日恒例の、サムライ塾早朝民法ゼミです。

このフレーズとも残念ながら、あと4回でお別れです。

さて、今日は「遺産分割協議後に判明した相続人と遺産分割」についてです。

遺産分割協議は、共同相続人全員が参加し、全員が合意することが必要です。

ですので、一部の相続人が参加しない遺産分割協議は無効と解されています。
共同相続人の一部が参加していない遺産分割協議がなされても、共同相続人は改めて遺産分割協議を行うことを他の共同相続人に請求することができます。

では、分割協議の当時には、共同相続人としての資格を有していなかったけれど、後に相続人の地位を得た場合はどうでしょうか。

たとえば、分割後に認知によって相続人になった場合は、既に分割その他の処分がなされていても民法910条の規定により、価額による支払い請求が認められています。

分割協議等の後に、認知によって相続人の地位を得た者が現れても、既になされた分割協議は無効にはならないということになります。

認知の他にも、にいろいろなケースが考えられますが、基本的には民法910条は適用されず、一部の相続人を除外した遺産分割協議は無効になるケースが多いようです。

しかし、分割協議に参加しなかった相続人が、当初の遺産分割協議を肯定する場合、無権代理行為の追認に関する民法116条の類推適用を認められる余地もあるようです。

てことは、遡って有効になると・・・?
もともと無効な行為は、追認しても有効な行為にはならないハズなのに・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

真夜中の雷雨って・・・

毎日毎日、お空の蛇口が壊れたのかってほど雨が降り、風が吹き、雷が鳴り響きますね。

昨夜の上野あたりは、夜中じゅう雷鳴が轟いていました。

夏の終わりの雷は、夕方ころに一気に来て、一気に帰るというイメージを持っていたので、夜中じゅうの雷は、何だかモノスゴイ違和感と、とんでもない災害がやって来そうな不安を感じました。

北京オリンピックでは、開会式や閉会式の会場付近で雨が降らないよう、ヨウ化銀を大量に雲に打ち込み郊外で雨を降らせたようです。

気象コントロールの是非はともかく、「人工降雨」は長年の人類の夢であっただろうことは想像に難くありません。

しかし、その夢がピンポイントとは言え叶う現代においても、次々に発生する積乱雲を完全に予想したり、ましてその発生・消滅を制御することはいまだ出来ていないのが現実です。

自然の猛威の前には、無力な我々ですが、その「自然の猛威」の原因は我々にも起因するところがあるようで・・・。
鳴り響く雷鳴が、地球が上げる悲鳴のように聞こえたのは、きっと私だけではないはず。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

戸籍をとれる人2

戸籍をとれると法定されている「第三者」は、大きく分けて3種類に分けられます。
取得しようとする戸籍謄本等に記載されていない「第三者」が、戸籍謄本等を取得するには、以下の必要性がありその理由を明らかにする必要があります。

1、自己の権利を行使し、または自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合→権利または義務の発生原因・内容、並びに権利行使または義務の履行に戸籍の記載事項の確認を必要とする理由

2、国または地方公共団体の機関に提出する必要がある場合→提出を必要とする理由

3、戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合→戸籍の記載事項の利用目的・方法、その利用を必要とする理由

以上のほかに、「公用請求」「弁護士等による請求(行政書士はここに含まれます)」があります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月28日 (木)

戸籍謄本をとれる人

ここのところ、戸籍系の話題ばかりで恐縮です。

今年の5月1日に戸籍法の一部が改正されました。

「何人でも」戸籍謄本等の交付請求ができる、とされていた戸籍の公開原則が改められ、第三者が戸籍謄本等の交付請求ができる場合を制限しました。

改正前までは、「不当な目的によることが明らかなとき」だけ、市区町村長は交付請求を拒むことができました。逆に考えると、不当な目的だと明らかでなければ、誰から戸籍謄本等の交付請求を受けても拒絶できなかったわけです。

戸籍に記載されている者や、その配偶者(改正戸籍法上その“配偶者”となっていますが、この場合の配偶者って事実婚も含まれるということなんでしょうかね?婚姻届を出している夫婦は同一の戸籍に記載されているハズだから、配偶者も“戸籍に記載されている者”に当たるはずですよね・・・)、直系尊属、直系卑属は今まで通り交付請求できます。

改正戸籍法では、第三者が戸籍謄本等の交付請求をできる場合を大きく3つに分けて、交付請求に先立って明らかにしなければならない事項を規定しています。

続きは明日・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年8月27日 (水)

配達記録郵便廃止?

ずいぶんお世話になりましたが、配達記録郵便が廃止されそうですね。

早ければ、11月17日には廃止されるようです。

簡易書留で出すほど、その書類そのものに価値があるわけではないけれど、「送った」「届いていない」などの後々のトラブル防止に、よく配達記録を使っていました。

配達記録郵便は、郵便料金込みで290円でしたが、結局290円切手は売り出されることはありませんでしたね。
うちでは200円と90円の切手を貼って出していますが、上手く貼れないというか、見た目的にも1枚でスッキリ貼りたかったので、きっと要望も多いだろうし、いずれは290円切手が発売されると思っていたのですが・・・何だか微妙に残念です。

配達記録郵便を廃止する代わりにということなのか、簡易書留の料金が下がるようです。
受け取ったことを証明したいときには、今後はこちらを使うほかないですね。

新たなサービスで、「特定記録郵便」というのが開始されるようですが、これは差出人への受領証の発行と配達状況のネット検索のみで、受取人への直接手渡しではないということなので、あまり使う機会はないかなと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月26日 (火)

遺言検索システム

せっかく作った遺言書も、残された方々が遺言書の存在を知らなければ、遺言書にしたためた意思を実現しようがありません。

生前、遺言書を書いていた可能性があるにも拘らず、どれだけ探しても遺言書が発見できなかったときは、公証役場の「遺言検索システム」を利用してみるのも一つの手です。

平成元年(東京都内では昭和56年)以降に作成された公正証書遺言であれば、公証役場で照会することができます。

照会をするには、亡くなった事実が記載された戸籍謄本と、亡くなった方と照会を依頼する方との関係が記載された戸籍謄本、照会依頼者の身分を証明するもの(運転免許証など)を用意の上、お近くの公証役場で調べることができます。

当然ながら、公証役場を通さない、自筆証書遺言の場合は公証役場に照会を依頼しても出てきません。
地道に探しましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

戸籍の歴史2

明治31年式戸籍から、単独法だった戸籍法が明治民法の親族・相続編の公布・施行により民法の付属法として、手続法的役割を果たすようになってきました。

明治31年式戸籍では、戸籍簿とは別に身分登録簿が作成されました。

身分登録簿には、出生・死亡・婚姻・離婚・養子縁組などを個別的に記載していました。
が、戸籍簿にも同一内容を記載していたこともあり大正3年には、事務手続きの増大や実際の利用が少なかったことなどから、身分登録簿はなくなります。

この明治31年式戸籍から、明治民法の「家」の制度が透写され、「戸」を単位として個人の身分関係を公証していた戸籍から「家制度」へと変化していきます。

大正4年に施行された、大正4年式戸籍が第二次大戦後の民法の家族法全面改正まで、存続することになります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

オリンピック燃え尽き症候群?

日本で開催されたサッカーのワールドカップのときにも発症した、燃え尽き症候群に罹りそうです。

今テレビで北京オリンピックの閉会式を見ているところです。

ちょうど、お盆休み中に開催されたこともあり、こんなにオリンピック中継を見たのは生まれて初めてかも、というほどテレビを見ました。

何といっても、ワタシ的には今回のオリンピックはソフトボールに尽きます。

今度のロンドンオリンピックにはソフトボールはありませんが、次の次で再開されることを祈ります。

4年に1回開催という、競技者としてのピークが合わずに涙を呑む選手がいるなか、今回の北京オリンピックでは連覇を達成した日本人選手がたくさんいたことは、嬉しい驚きでした。

また4年後を、楽しみにしています。

明日から、何を楽しみにしたらいいのか・・・crying

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

研修会の講師

昨日「信託法」の研修会に参加して来ましたが、講師は同期の方でした。

行政書士登録年も動物法務協議会の会員登録も、東京都行政書士会のADR研修も同期です。

普段は、春風のように落ち着いた、法律論争の際にも泰然自若とした雰囲気のM先生ですが、研修会開始直前は普段と打って変わって緊張感が漂っていました。

多分、ご専門ではない「信託法」という分野の講師ということで、事前準備など試行錯誤や大変なご苦労もあったことと思います。

研修会後の懇親会で、研修開始直前とは別人のようにリラックスされている様子のM先生に、「研修会の講師」は思った以上にプレッシャーのかかるポジションなんだと改めて感じました。

行政書士になるまでまったく考えたこともありませんでしたが、士業者になると研修会に参加する機会も半端じゃなく増えますが、研修会を主催したり、あまつさえ研修会の講師を務める機会も巡って来ることがあります。

何事も経験とはいえ、なかなか大変な職業についてしまったな・・・とあらためて思いめぐらす今日この頃です・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

信託法入門

84年ぶりに2006年に改正された、「信託法」の研修会に参加してきます。

そもそも「信託」とはどのようなものなのでしょうか?

ものの本によると「委託者が一定の財産を受託者に移転し、受託者は指示された目的に従ってその財産を管理し、得られた利益を受益者に交付する」とありました。

正直、「信託」についてワタシ自身あまり馴染みがあるとは言えません。

しかし、相続・遺言・成年後見などにも、改正信託法は深く関わってくる可能性がありそうです。

今日の研修会では、信託の基本的なことから、行政書士業務との関連性などをじっくり聞いてこようと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

やったぞ!上野!

日本ソフトボール金メダル!!

上野はスゴイ!ホントに凄い!

今日は昨日と打って変わって、攻撃陣もがんばりましたねー!

ランナーが出ても、ヒットを打たれても挫けず最後まで集中していた上野・・・本当に感動しました。

宇津木前監督の「ああああ~」とか「ううううう~」とかの解説(?)に、一喜一憂しながら見たソフトボール決勝戦は、すべてのオリンピックの中でも忘れられない試合になりそうです。

最後のアウトを取ったあと、号泣していた宇津木前監督に、さらに感動しました。

日本女子ソフトボールチームの皆さんホントにお疲れ様でした。

そして金メダルおめでとうございます!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

凄いぞ上野!

見ているこっちは、どれだけ手に汗握っても、クーラーの効いた快適な室内にいるわけで、実際に戦っている選手の100分の1も辛くはないハズ・・・。

しかしかし、久しぶりにスポーツのテレビ観戦で肩がこるほど見入ってしまいました。

いやー凄かったです、北京オリンピック女子ソフトボール3位決定戦!

日本のエースピッチャーの上野は、午前中の準決勝にも投げての連投にも拘らず、延長12回まで投げ切る力投でした。
ソフトボールは野球とは違い、本来7回で終わりですから、野球に例えると延長14回までたった一人で投げ切った計算になります。
午前中のアメリカとの準決勝も延長9回まで一人で投げ切っていますので、むちゃくちゃ辛かったはずなのに、ホントに淡々と投げていました。

本当にお疲れ様でした!

もう、途中から日本の勝利よりも「頼むから上野を勝利投手にしてやってくれっ!!」という気持ちで見ていました。

再三のチャンスにもちぐはぐな攻撃が目立った、日本の打撃陣ですが、明日のアメリカとの決勝ではリベンジしてくれると信じています。

しかし、上野はホントにスゴイ!
点を入れられても諦めない前向きさと、緻密な投球、驚異的なスタミナ、そして何より最後まで切れなかった精神力にはもう脱帽です。

明日は、その上野選手に報いるためにも、攻撃陣には気持ちを切り替えて繋がりのある攻撃を期待したいです。

ここまで来たら、金メダル取ってくれ~!日本女子ソフトボールチーム!!
泣いても笑っても明日の試合で最後、がんばれ!にっぽん!!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

にほんブログ村のランキング

皆さんこんばんは。
台東区の行政書士、山本恵美子です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

いえね、ちょっとお礼が言いたくて・・・。

最近、にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ をクリックして下さる方が増えているのです。

これをクリックすると、にほんブログ村の行政書士カテゴリーに登録している、ワタシの「おさるブログ」にポイントが入り、ランキングが上がったり下がったりするというシステムなのですが、ちょっと前よりもガゼン頑張っているのです。

今現在、このにほんブログ村を含めて、3つのランキングサイトに登録しているのですが、なぜ、3つものランキングサイトに登録したのかと言いますと、このブログを開設した当日、訪問者があまりにも少なかったからです。
ぶっちゃけ、スタート日の訪問者数は4名様でした。

せっかくブログを始めたのに、来てくださったのは4名様・・・。
ちなみに、その4名様はみな知人です

このままじゃいけん!

で、知り合いしか来ないのは、誰もこのブログの存在を知らないからで、ならば知ってもらえるようにアチコチに告知しようと、ネット知識に乏しい頭を振り絞って考え付いたのが、「ランキングサイトに登録しよう!」だったわけです。
そのときに、登録したのがにほんブログ村をはじめとする3つのランキングサイトだったのですが、結果的にランキングサイト経由での訪問者は「にほんブログ村」からが一番多いです。

いつもクリックしてくださる方々、ありがとうございます。
気が向いたときに、たまあにクリックしてくださる方もありがとうございます。
クリックしてもしなくても、読んでくださってありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月19日 (火)

横須賀市役所へ

都内よりも、暑さが厳しいように思いましたが、気のせいでしょうか・・・横須賀はメチャ暑でした。

朝も早くから神奈川県は横須賀市役所に行って来ました。

横須賀市役所は京浜急行の横須賀中央駅が最寄り駅で、駅から歩いて6~7分の距離にあります。上野駅から横須賀中央駅まで電車で、約1時間半ほどかかります。

横須賀といえば黒船&開国、最近(?)では元総理大臣の小泉さんの地元で有名ですが、横須賀中央駅の前には横須賀海軍カレーののぼりがいくつも立っていました。

日本のカレーライスの発祥は、明治期にイギリス海軍から日本海軍に伝わったイギリス式のカレーを、日本人好みに小麦粉でとろみを付けて食べ始めたのが始まりのようです。

海軍カレーが食べられるお店は横須賀市内に20店舗以上あるそうなので、開国の町で歴史に思いをはせながらカレーライスを食べるのも、なかなかオツなものかもしれませんね。
横須賀に御用の際はぜひお試しを(^^)

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

夏休み終了~

オリンピック一色のお盆休みも、あっという間に終わってしまいましたね~(T_T)

海や山、海外旅行などに出かけられた方も多かったかもしれませんが、この暑い中出掛けるのもカッタルーイということで、ワタシは家で引き籠っていました。で、引き籠ってなにをヤッテいたかといえば、もちろんオリンピック三昧です。

オリンピックといえば欧米で行われることが圧倒的に多いですから、テレビ観戦はもっぱら深夜の時間帯でした。

が、今年は中国開催!なのでほぼ時差もなく、おまけに夏休み中に日本人のメダルが期待される種目が目白押しという、イイ感じな日程でした。

期待以上に日本人の活躍も見られましたし、普段まったくカスリもしない競技を見たりと、オリンピックテレビ観戦的にはとっても充実した夏休みでしたが、仕事的にはアレもコレもサボり倒しましたので、今日からまた頑張ります~~。

でも、まだまだオリンピックは続きますね・・・こうなると深夜の時間帯に生中継する欧米時間が恋しい・・・っていい加減に仕事しなさい。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

銀行預金の相続

夏休み最終日の今日は、昨日までと打って変わって涼しかったですね。

日曜日恒例の、サムライ塾早朝民法ゼミです。

銀行預金の相続手続きについて、事例をあげての講義でした。

亡くなった方の銀行預金の相続手続きは、各銀行によって、手続きや必要書類がまちまちです。場合によっては、銀行の担当者によっても要求される書類が違うようです。

今日の事例でも、公正証書遺言がある相続にも拘らず、被相続人のすでに何十年も前に亡くなっている両親それぞれの出生から死亡までの戸籍謄本の提出を、銀行から求められたそうです。

転籍の回数にもよりますが、出生から死亡までとなると何通もの戸籍謄本や除籍謄本などが必要になります。それを二人分となると、1通何百円とは言え相続人の方の負担は少なくありません。また、本籍地が遠方であちこちに跨っていると送料や取得に要する日数も思いの外かかります。

今回の事例は行政書士が請け負ったケースでしたので、亡くなった方の両親の戸籍謄本が不必要である理由を銀行の担当者に説明し納得させたそうです。

これって、もしも相続人本人が手続きしていたとしたら、銀行から「手続きに必要だから」と言われて、苦労して取り寄せた大量の戸籍謄本が、ホントはまったく必要ないものだったと後で気がついたら・・・いやもうショックですね。

銀行も意外と・・・まあ銀行は銀行であって相続手続きの専門家ではないので致し方ないのかもしれませんが、戸籍謄本は個人情報の宝庫ですから、提出を求めるにしても、本当に必要なものなのかよく考えてから要求してもらいたいですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

案の定オリンピック三昧

いろいろとやるべきことが溜まっていて、そんな場合じゃないのに、いけないけないと思いつつ、オリンピック中継を見てしまいます。

日本人、頑張ってますね~!

メダルにとどかなかった人も含めて、最後まで諦めずに頑張っている姿に、見ている方も力が入ります。

昨日の女子柔道78キロ超級の塚田真希選手の決勝を見ましたが、ポイントをリードしながらも最後まで攻め続ける塚田選手は、ホントに凄かったです。

ラスト10秒で惜しくも逆転されてしまいましたが、守りに入らず攻撃の手を緩めなかったのは、相手選手の実力を十分に解っていた上での決断だったのだろうと思います。
結果は、銀メダルでしたが、胸を張って日本に帰ってきてもらいたいです。

惜しむらくは、会場内のブーイング・・・。
特に男子バレーボールの日本対中国戦では、耳を覆いたくなりました。
オリンピック開会前から懸念されていたことではありますが、試合中のブーイングは相手国ばかりではなく、自国の選手にとっても、決して良いこととは思えません。

オリンピックも早いもので、もう折り返しです。
勝敗も大切ですが、選手一人一人が自分の持っている力を最大限発揮できるよう頑張ってほしいです。

がんばれ!ニッポン!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

戸籍の歴史

日本で最初の全国統一様式の戸籍は、明治5年式戸籍です。
干支にちなんで、壬申(じんしん)戸籍とも呼ばれています。

戸籍編製の基本は、人民を把握し行政目的の重要な資料にすること、また政府の人民保護を主たる目的としていました。

当時の戸籍編製の単位は、住所地において現実の生活をともにする戸主とその家族を構成員としました。が、親族関係のない者でも、「附籍者」として、同居先の世帯の一員として、戸籍の末尾に記載されていました。

記載の順番は、戸主→直系尊属→戸主配偶者→直系卑属→直系姻族→兄弟姉妹→傍系親族→附籍者

壬申戸籍には旧身分や病歴、犯罪歴などの記載もあったらしく、幕末などの歴史研究家などから幾度となく開示請求されているようですが、壬申戸籍は現在では残されていないというのが法務省の発表です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

意外と勘違いな本籍地

自分の本籍地や、親の本籍地を知らない人が意外と多いです。

そういう自分も、結婚後の本籍地は微妙に番地が出てこない・・・^^;
ちょっと前まで、本籍の住所を確認するのに運転免許証を利用していましたが、ICチップが埋め込まれた最近の運転免許証には本籍地は記載されていません。

本籍地の住所は、住民登録をしてある住所とは違います。

「甲子園」や「皇居」などに近い地番を、本籍地として届け出している方もいらっしゃるようですが、戸籍謄本は本籍地の住所を管轄する市区町村で所得しますので、戸籍謄抄本が実際に必要になった時には面倒です。

住居を引っ越しするたびに戸籍も移動する方がいらっしゃるようですが、これも相続手続きが開始されたときに、残された方々にとっては手間のかかる話です。

現住所や有名どころのに本籍を置いておくと、自分の本籍地を思い出せないなどの弊害は無くせそうですが・・・どっちにしても五十歩百歩と言えそうですね。

どうしても自分の本籍地を思い出せないときは、「本籍地の記載のある住民票」を市区町村で請求すると、本籍地が記載された住民票を手に入れることができます。
親の戸籍謄抄本が必要で、本籍地が分からないときは、まず自分の戸籍謄本を取得して、以前の本籍地を調べていけば、いずれ親の戸籍にぶち当たります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

戸籍謄本を取ってきました

どうしても見たい資料が、北区の中央図書館にあることが分かり、超絶暑い中王子まで行って来ました。

図書館外への持ち出しは禁止ではありましたが、お目当ての資料も見つかり、図書館ルールに則り必要な個所をコピーしました。

せっかく北区役所のソバまで行ったので、ついでと言ってはなんですが、北区役所で自分の・・というか父親が筆頭者の戸籍謄本を取ってみました。

父母はすでに亡くなっていますが、弟が独身で戸籍の移動をしていませんので、除籍にはまだなっていません。

今日、わざわざ北区の中央図書館に行ったのは、戸籍法関係の専門書を見たかったからだったのですが、その専門書に戸籍には「死亡の年月日時」が記載されているとあったのです。

死亡場所や死亡届の提出者、死亡日が記載されているのはもちろんですが、死亡の時間まで載っていたのかは定かではありませんでした。
相続を考えれば、同日に亡くなることも全くないとは言えませんので、死亡時間が載っていて当然と言えば当然ですが、ここは一つ確認してみようと思い立ち、私自身の旧本籍地の北区にいたのも何かの縁だろうと、父が筆頭者の戸籍謄本を取ってみました。

父も母も亡くなったときに死亡届を提出したのは私でしたので、死亡届の届出者は私になっています。死亡の年月日と届出日が記載されていますね。
亡くなった市区町村と、時間も・・・載っていますね。
時間と分数も載っていました。

北区では、平成19年の11月3日に戸籍が改製されていたので、現在の戸籍には母や私の記載はすでに無く、改製原戸籍で確認しました。

コンピューター化された戸籍は非常に見やすい反面、味気ないものになったな・・・と思うのはワタシだけでしょうか。
まあ、30年から前の戸籍謄本は、ホントに読み難いので少々の味気なさを差っぴくぐらいの威力はあるのですけどね・・・^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

東京都公立図書館の横断検索

今回限りしか使わなさそうな実務書や参考書まで、全部購入していたら、お金がいくらあっても足りません。というかキリがありません。

そこで、利用するのが図書館です。近場の公立図書館にお目当ての書籍があればいいのですが、そう都合よく必要な書籍があるとは限りません。

あっちの図書館、こっちの図書館と、インターネットで検索するのも結構シンドイものがありますが、そんなシンドさ解消アイテムが「東京都公立図書館横断検索」です。

この「東京都公立図書館横断検索」は東京都内にある公立図書館の蔵書を検索してくれるスグレものです。
書籍のタイトルを入力すると、どこの図書館にその書籍があるのか、貸し出しはできるのかなど詳細な情報をあっという間にゲットできます。

どうしても読みたい、けど、使うのは今回限り、おまけにカナリ高額・・・なんて時にでもお試しください。

東京都公立図書館横断検索

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

オリンピックではマイナースポーツも

お馴染みの柔道や競泳はもちろん、オリンピックで楽しいのは、通常テレビではおよそ放送されなさそうな、しかし見てみると意外と面白いかも、なスポーツをテレビ中継することです。

射撃とフェンシングをチラッと見ましたが、正直フェンシングはルールがよく解りませんでしたが、結構面白かったです。

何となく「こういうルールかな?」と薄っすら解ってきたころで試合終了~なのはちょっと悲しかったですが、いろんな競技で、いろんな国の人たちがガンバっているんだなと、これぞオリンピックならではな感慨を覚えたりなんかして・・・やっぱりオリンピックっていいものですよね。

バトミントンでは、アテネ大会の覇者で世界ナンバーワンの中国ペアを末綱・前田ペアが破るという快挙も。小椋・潮田ペアとの日本人同士の決勝戦も夢ではないかも・・・?

射撃の中山選手は惜しくも4位でしたが、ファイナルを含めて100発中86発も命中させたのは日頃の練習の成果と、類い稀な精神力の賜物だろうと思います。この成績がどんなレベルなのかも解りませんが、射撃の時の張りつめた空気はテレビの前で見ているこちら側にも十分に伝わってきました。

がんばれ!ニッポン!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

クーリングオフは消費者の権利

日曜日恒例の、サムライ塾早朝民法ゼミに行ってまいりました。

今日のテーマはクーリングオフです。

クーリングオフとは、消費者が事業者と何らかの契約をした場合に、一定期間内であれば消費者側から無条件に申し込みの撤回または契約の解除ができる、消費者保護の観点から設けられた制度です。

契約解除または申し込みの撤回の意思表示は、書面でする必要があり、原則として8日以内に発信しなければ効力を生じません。
なので、契約解除または申し込みの撤回の意思表示は内容証明郵便が確実です。

内容証明郵便は、“誰が”“どのような内容”の文章を“いつ”“誰に”発送したのかを郵便局が証明してくれる郵便です。

クーリングオフの効果としては、その契約はなかったことになり、契約解除または申し込みの撤回に伴う損害賠償や違約金を事業者が消費者に請求することはできません。
また、すでに商品の引き渡しを受けていた場合の、引き取り費用または返還に要する費用は販売業者の負担になります。
すでに代金を支払っていた場合でも、クーリングオフをした場合、事業者は受領した金銭を速やかに返還しなければならないとされています。

クーリングオフは、相手方事業者の意向や、契約解除または申し込みの撤回をする消費者側の事情に関わらず、消費者が一方的に行使できる、消費者共済制度です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年8月 9日 (土)

行政書士試験夏季集中講座

自分の行政書士試験の受験生当時を思い出してみると、無計画に闇雲に勉強していたという記憶があります。

私の場合、2回受験に失敗していますが法令科目はいずれも合格点を上回っていました。一般教養で足切りされたわけですが、だからといって法令科目に自信を持てたかというとそうでもありません。
結局、“合格”という結果が出ましたので、無理やり自分を納得させていますが、いまでも当時の勉強方法には疑問を持っています。

行政書士試験本番まで、あと3か月。

ここでもう1度自分の勉強方法を見直してみませんか?

というわけで行政書士試験夏季集中講座のお勧めです。

お勧めする「飛鳥山過去問塾」の講師は、過去に個別指導した受験生の合格率100%という驚異の経歴の持ち主です。

いまの自分の勉強方法に不安を抱いている方、どうしても今年合格したい方、ぜひ「飛鳥山過去問塾」の夏季集中講座に参加してみてください。

「飛鳥山過去問塾」行政書士試験夏季集中講座へのお問い合わせお申込みはこちら

毎日暑い日が続いていて、受験生の方には過酷な夏ですが、体調管理に気を付けて、本試験当日十分に実力を発揮できるよう頑張ってください。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

いよいよ北京オリンピック開幕

2008年8月8日のブログは、やっぱり「北京オリンピック」ネタは外せません。

「北京オリンピック」は、東京、ソウルに続いてアジアでの3回目の夏季オリンピックになります。
ソウルの記憶はありますが、東京オリンピックの記憶はありません。ってまだ生まれてない・・・。

北京と日本との時差はマイナス1時間ということなので、欧米諸国でオリンピックが開催されるときのような、慢性寝不足状態にはならずにすみそうですね。
冬季オリンピックですがイナバウアーのときは、深夜でしたものね。見ましたけど。

見る側からするとどうしても、メダルの取れそうな競技に目が行ってしまいがちですが、メダル獲得にかかわらず参加する選手には、自己記録の更新を目指してベストを尽くしてほしいです。

結果として順位は低くても国の代表として参加するオリンピックという舞台で、自己新記録を出せるというのはメダル並みに価値あることだと思います。

普段、自分が何国人かなんて、ほとんど意識しませんが、こういうときは俄然日本を応援してしまうのも日本人的感覚なんでしょうね^^;

何はともあれ・・・がんばれ!ニッポン!

ちなみに開催期間は8月8日から8月24日までです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

外国人「短期就労在留資格」創設?

7月25日、自由民主党国家戦略本部外国人労働者問題プロジェクトチームは、国際技能協力を目的とする現行の研修実習制度を廃止し、国内で必要な労働力確保に資することを目的とする「外国人労働者短期就労制度」の創設を求めた提言を首相官邸で町村官房長官に手渡した。

現行の日本の在留資格制度には、単純労働目的の在留資格はありません。
原則として専門的な技術を持つ人など、入管法で定められた条件に該当する人だけが日本で働くことが認められます。

たとえば、在留資格“技術”は、「従事しようとする業務について、必要な技術もしくは知識に係る科目を専攻して大学を卒業し、もしくはこれと同等以上の教育を受けまたは10年以上の実務経験により、そのものの技術もしくは知識を修得していること。」とあります。

「必要な技術もしくは知識に係る科目を専攻」とありますから、たとえ大学をどんなに立派な成績で卒業していても、その大学で専攻した科目が入管法に規定される「技術」についての要件に該当しなければ、「技術」の在留資格は得られません。

ただ、身分関係の在留資格「日本人の配偶者等」や「定住者」「永住者」等の在留資格を持つ人は、日本人と同じように日本で働くことができます(だからこそ偽装結婚などが横行するわけです)。
また、「留学」や「就学」等の在留資格を持つ人は、原則的には定められた範囲内の活動しか出来ませんが、「資格外活動許可」を取得すると、一定の範囲内で働くことが認められます。

今回の提言では、原則として受け入れ業種を限定していないようなので、いままで専門的な技術や知識がないことを理由に在留資格が認められなかった人でも、在留資格が取得出来るようになる可能性があります。

この「外国人労働者短期就労制度」では、在留期間を3年とし、定住は認めないとしています。
でなきゃ、現行の在留資格制度がまったく意味のないものになってしまいますからね。

日本の外国人政策の根幹に関わる問題ですから、十分な議論が必要です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月 6日 (水)

オオカミが来たぞ

今日みたいな日は、この時間(昼2時です)外に出てはいけなかったです。

南の島にいるかのように、モノスゴク暑いですね。

今日のブログタイトルの「オオカミが来たぞ~!」はイソップ物語(でしたよね?)の童話「オオカミ少年」の一節です。

ヒツジの番をしていた少年が、退屈しのぎに何度も何度も「オオカミが来たぞ~」と繰り返すうちに村人からの信頼を失い、本当にオオカミが来たときには誰も助けに来てくれず、結局、オオカミにヒツジを全部食べられてしまったという、悲劇だか喜劇です。

この物語の教訓は、嘘を付くと信用を失うとか、トコトン相手を信じるべきとか、解釈はいろいろだと思いますが、何度もだまされるとだんだん相手を信用出来なくなってくるのは致し方ないところです。

今日の朝9時頃、マンション中に響き渡るような大音量で「火事です!火事です!火災が発生しました!」という絶叫が・・・。

もちろんホントの火事じゃありません。流石にホントに火事が起こっていたら、悠長にブログ書いている場合じゃないです。
半年に1回行われる火災報知機の点検だったわけですが、これが1日中続いているんですよ・・・共有スペースの火災報知機はもとより各家庭の火災報知機も全戸点検対象なもので、今日いなかったお宅については、後日あらためて在宅の日を狙って行われるらしく、当分はいつあの絶叫が響いて来るかと気が気じゃありません。

点検が半年ごとと言うと、点検と点検の間がかなり空いているように思われるかも知れませんが、あまりにも強烈な大音量なので、しょっちゅう聞かされているような錯覚を覚えます。

こんなんじゃホントに火事がおこって、火災報知機から「火事です!火事です!火災が発生しました!」という声が流れても、「またか~」、ぐらいにしか思わないのではないかと心配になります。
実際にちょっと前に出掛けた先でこのお馴染みの機械音だかの警告の声を聞きましたが、火事とは思わなかったですもの(これも火災報知機の点検だったらしい)。

あんまり何度も「火事、火事」言ってると、オオカミ少年みたいに、誰からも信用されなくなって、ワレワレ住民がヒツジよろしくオオカミに食べられ・・もとい火事で丸焼けにでもなったら笑い話にもなりません。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

突然の雷雨

毎日毎日、雷雨スゴイですね。

ほんの200メートルぐらいの距離の移動を断念するほどの勢いの雨に遭いました。

慌てて入った喫茶店は大入り満員でしたが、2階に何とか席を発見して座ると、隣には何かの時には避難路になるであろう小さなベランダがありました。

そのベランダに上階から繋がる排水パイプがあったのですが、微かに危険を感じるほどの勢いで水が流れていて、排水の量が雨脚においつかないらしく、ベランダいっぱいに池のように水が溜まっていました。ベランダに繋がるドアは完全に閉まっていたにも拘らず「もしかして店の中に水が漏れてくるのでは・・・?」と心配になってしまいました。

異常気象とか地球温暖化と言われて久しいですが、こうしょっちゅう記録的な自然現象が起こると、突発的に被害が出るような災害よりも、身近な怖さを感じます。

雨が上がっても、シャワーを浴びた後のお風呂場のような不愉快な湿気が取り巻いていて、一昔前の雷雨の後のような爽やかさは一切ありませんよね。

たかが雨、されど雨。雨すら自由に操れないたかが人間は沈黙するのみです。

地球はどうなってしまうんですかね。怖いです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

文章ばかり書いていると・・・

雷鳴りそうですね。

このブログはだいたいリアルタイムに書いてます。
ココログにはいろんな機能が付いていて、ってほかのブログサービスにもそれくらいはありそうですが、公開日時指定機能が付いていますので、書きためたりも出来るのですが、過去に何度かしか使ってみたことがありません。

何となく、自分が人様のブログを読む時も、アップした時間に書いたんだろうと思いこんで読んでます。

毎日ブログを書いているのだから、天気とか気温とか万歩計の計測数とかその日その日で違う事を毎日書いておけばよかったと、ここのところちょっと思ったりしました。
後で読み返したときに、「この日はこうだったよな」なんて思い出したりし易いですよね、きっと。

あまり業務についての中身に触れないように書いているせいか、自分で読み返してもいつ頃書いた記事なのかよく分らない記事もあります。
気になる法律とか、その日の行動とまったく関係のない記事のことが多いからなのですが。
よく、お昼ごはんネタを延々と毎日書いてるブログを見かけますが、アレはアレで、後から自分で見直したら面白そうですよね。
確実にいつ書いたか分かるのは、サムライ塾の民法ゼミの相続法シリーズ(?)くらいですかね。毎週必ず日曜日ですから^^;

ほぼ毎日書いているこのブログも記事数で247件になります。
いやに中途半端な件数で感慨に耽っているのは、今日は一日中、文章系ばかり書いていて、書くことに憑かれて・・いえ疲れているからかもしれません。

今日も、最高にビールが美味しい日和でしたね。
お疲れ様です。
では、また明日。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

遺贈の規定が準用される死因贈与

日曜日恒例、サムライ塾早朝民法ゼミに行って参りました。

今日は午後過ぎからは身体を壊しそうな勢いの暑さでしたので、講義が午前中なのはホント助かります。

さて、ここのところずっと死因贈与について勉強していますが、何だか解ったような解らないような不安な気分にさせるのが死因贈与です。
なぜそんな微妙な気分になるのか考えてみると、死因贈与は「死んだらあげる」と「死んだら貰う」という双方の意思の合致を要する贈与契約の仲間のくせに、相手の意思はお構いなしの単独行為である遺贈の規定を準用しているからに他なりません。

遺贈の規定を準用すると、たとえば古い死因贈与契約書と新しい遺言書が出てきた場合、死因贈与契約書と遺言書が抵触する部分は、後の遺言で前の死因贈与契約を撤回したものとみなされます。

贈与者の最終意思を尊重するという立場から言えば、たとえ死因贈与契約をしていたとしても、死ぬ間際にその契約とはまったく違う内容の遺言を書き残していた場合、遺言を優先すべき(契約は遺言と抵触する範囲で撤回?)という理屈も解らないわけではありません。

しかし、お互いに納得して契約したのにも拘らず、何のリアクションもなく一方的にキャンセルってどうなの・・・?
しかも文句を言う相手はもうこの世にいないと来ては、踏んだり蹴ったりだよなあ・・・。

実際、判例や学説も賛否両論あって、契約を優先すべきという意見もあるようです。
最高裁の判決にも、死因贈与に至る経過や態度その他の事情を考慮して、自由な取消し(撤回)を認めなかった例もあるようです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

行政書士公法研究会初勉強会

このブログでも何度か告知させて頂いた「行政書士公法研究会」第1回勉強会が無事に終了しました。
ご参加いただいた方々ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

初めての勉強会ということで、前半はこの会の目的や今後の方向性などについて、後半は今回のテーマである聴聞・弁明代理権について63ページからなる資料を基に勉強しました。

講師が一方的に講義をするという形をとりませんでしたので、参加者の方から疑問や意見、実際に聴聞についての体験談などが随所に飛び出し、途中で休憩時間を入れるのを忘れてしまうほど充実した2時間でした。

第2回目の勉強会は9月25日(木)です。
お題は「行政不服審査法の改正とその影響」です。

ご存知の方も多いかと思いますが、行政不服審査法が大改正されます。
次回の勉強会では行政不服審査法の改正のポイントと、我々の業務への影響等を、今回と同じくゼミ形式で勉強して行きたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月 1日 (金)

住宅ローンが残っている場合の離婚

終の棲家に選んだはずのマイホームが、離婚手続きでは一番厄介なお荷物になってしまうのは、何とも皮肉なものです。

現金一括払いで、マイホームを購入されるご夫婦もいらっしゃるとは思いますが、一般的には住宅ローンを組んで購入される方が多いのでは。
住宅ローンは返済期間が長いことから、返済途中で夫婦が離婚する、何て事も起こります。

離婚時にマイホームを売却して、住宅ローンを完済出来れば問題ありません。

が、売却したくない場合や売却できなかった場合、夫婦のどちらかがそのままそこで暮らすなどの場合、なかなか厄介な問題が持ち上がります。

住宅ローンの名義人が元夫で、連帯保証人や連帯債務者に元妻がなっていたりすると、元夫が住宅ローンを滞納した場合、元妻に請求が来ます。
金融機関には「離婚したから関係ありません」という理屈は通用しません。

お子さんがいる場合に多いケースで、夫が住宅ローンを今まで通り支払い、妻と子どもがそのままそこへ住み続けると離婚時に約束されることがあるようです。
しかし、夫が住宅ローンをキチンと払い続けていればいいのですが、万が一は払いきれず支払いが滞った場合、差押えや最悪競売になってしまうことも考えられます。

不動産や住宅ローンの名義を夫から妻へ変更する場合などは、金融機関との契約が問題になります。
契約上、「不動産の名義変更には銀行の承諾が必要」などの特約がある場合が多いようです。

特に住宅ローンが絡む離婚の場合は、後々のリスクを考慮した上での話し合いと、金融機関とどのような契約になっているのか確認することが必要です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »