« 日刊ココログガイド | トップページ | いよいよ今月ハリー・ポッター最終章 »

2008年7月 3日 (木)

東京ルール

住宅の賃貸借終了時の原状回復に係るトラブルの防止のためのガイドライン(原状回復をめぐるトラブルとガイドライン)については、以前このブログでも取り上げたことがあります。

東京都ではこの「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」よりもさらに一歩踏み込んだ、「東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例」(東京ルール)が平成16年10月1日から施行されています。

この東京ルールでは、宅地建物取引業者が住宅の賃貸借の代理または媒介をする場合、宅建業法に定められている重要事項の説明に併せて以下の事前説明義務を課しています。

1 退去時の通常損耗等の復旧は、貸主が行うことが一般原則であること
2 入居期間中の必要な修繕は、貸主が行うことが一般原則であること
3 実際の賃貸借契約(特約)の中で、借主負担としている具体的な内容
4 修繕や維持管理に関する連絡先
5 借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、借主の責めに帰すべき事由による、住宅の損耗・修繕については借主の負担であること

“3”の借主負担の特約が有効になる為には、次の3つの要件を満たす必要があるとされています。

1 特約の必要があり、かつ暴利的でないなどの客観的、合理的理由が存在すること
2 借主が特約によって、通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負担することについて認識していること
3 借主が特約による義務負担の意思表示をしていること

特約の3つの有効要件は、過去の裁判の判例などから導き出された結果ですので、東京以外の地域でも有効です。
が、「東京ルール」はあくまでも東京都の条例です。ですので東京都以外の地域ではこの条例は適用されません。
また、平成16年10月1日以前の賃貸借契約には適用されません。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 日刊ココログガイド | トップページ | いよいよ今月ハリー・ポッター最終章 »

敷金トラブル」カテゴリの記事

コメント

大阪でアパート借りた時に、敷金が10ヶ月だったのには吃驚した思い出があります。
ちょいと異常な習慣のような気がしますがね。

投稿: クレヨン | 2008年7月 3日 (木) 20時00分

クレヨンさん
10ヶ月は分はスゴイですよね^^;
その代り家賃が安いとかはないんですか?

投稿: おさる | 2008年7月 3日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/22049011

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ルール:

« 日刊ココログガイド | トップページ | いよいよ今月ハリー・ポッター最終章 »