« トラブルの解決方法 | トップページ | ADRの効果測定 »

2008年6月 5日 (木)

違憲判決その後

昨日最高裁判所で、戦後8回目の違憲判決がでました。

結婚していない日本人男性とフィリピン人女性の間に生まれた後に、日本人男性に認知されたフィリピン国籍の子供が、両親が結婚していないことを理由に日本国籍の取得が認められないのは“違憲”だとして、日本国籍の確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は、父母の婚姻を国籍取得の要件とする国籍法の規定は、憲法14条が保障する、「法の下の平等」に反するとして、原告全員の日本国籍を認めました。

国籍法では婚姻関係にない男女の間に子供が生まれた場合、、母親が日本人であれば、父親の国籍を問わず生まれてきた子供は日本国籍を取得できるのに、父親が日本人で母親が外国人だった場合、子供が生まれてから父親が認知しても、子供は日本国籍を取得することが出来ませんでした。
その子供に、日本国籍を取得させようと思ったら、認知した日本人の父親と外国人の母親が結婚するか、帰化の手続きをする必要があったのです。

親が結婚しているかどうかで、生まれてきた子供が日本国籍を取得できるかどうかが左右されてしてしまうのは、親世代のツケを子供に支払え、と言っているようなもので、大人の身勝手丸出しの、何とも嫌な法律でした。

読売新聞に掲載されていた民事局の話しによると、今後同様のケースで国籍取得の届け出がなされた場合「法改正までは国籍取得を認めるのは困難」だという。
しかし、窓口での混乱も予想されるため、当面、届け出をいったん預かり、法改正まで結論を保留することも検討しているそうです。

もう少し時間は掛かるようですが、いずれ近いうちに、今回の判決と同様のケースでも晴れて日本国籍を取得できるようにはなりそうですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« トラブルの解決方法 | トップページ | ADRの効果測定 »

法律」カテゴリの記事

コメント

得意の通達行政もここまで来ると難しいのでしょうねぇ。
でも一歩進んだことは確かだし、早めの法改正を望みますし、また他の法律への影響も小さくないでしょう。

投稿: クレヨン | 2008年6月 5日 (木) 23時28分

クレヨンさん
改正もそうですが、さっさと新たな手続き指針を整備して貰いたいですね。
他の問題になっている法律についても、裁判を待たずに改正の動きが出てくるといいのですが・・・(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年6月 6日 (金) 00時05分

1.国籍法第2条は、原始的な国籍取得について定めていますね。この場合国籍取得届は不要ですね。
2.国籍法第3条は、準正子についてのみ、「国籍取得届」の提出を条件として、国籍取得を認めていますね。
3.第3条の存在は、第2条のみを適用する場合において、父母の法律婚を必要とすると解する合理的な法的根拠とは、解せられません。第2条と第3条の間には「谷間」が存在します。
4.国籍法の改正が必要な見方からいえば、「司法」が「立法」を侵害するともいえますが、「行政機関」の叡智で乗り切ることも可能と思います。
5.古事を引用するなら、昭和15年に「婚姻成立後200日以内に出生した子」について、大審院判決が出た後、「嫡出推定を受けない嫡出子」という位置に置くことにより、民法改正をすることなく、通達により解決しています。
6.今回の問題点も、法改正(国籍法改正)を待つことなく、行政通達で解決できると思います。
 ↑以上、私見です。 

投稿: ヒッキー | 2008年6月 6日 (金) 11時22分

こんばんは。
今回もテーマが同じになりましたね~
このあたり、まだよく知らないところでしたので
国籍法をしっかりと読む契機になりました。

ホントに、罪のない子供が犠牲になることは避けて欲しいなと思います。今後の動きを見ていきたいですね。

明後日は、娘の運動会…(先週は息子の体育祭)
雨が降れば民法ゼミに行けますが…どうかしら~coldsweats01

投稿: 四つ葉 | 2008年6月 6日 (金) 20時05分

ヒッキーさん
本当に救済すべきことに対して法改正を待つ必要はない、と私も思います。
ただ、今回の件に関しては、かなり微妙な整備というか、取り決めが必要になってくると思います。
たとえば、戸籍法の認知届の条項や、民法の認知についての規定は現行のままでいいのか、ということも問題です。
認知イコール日本国籍取得という図式になるのであれば、細部に亘っての検討が必要だと思います。
認知は大人になってからも、遺言でも出来てしまうので、難しい問題だと思います。

投稿: おさる | 2008年6月 7日 (土) 02時17分

四つ葉さん
何せヤハリ違憲判決ですから、書かずにはいられませんでした。
梅雨時期の運動会は大変ですね~。
雨降りのときはよろしく(*^_^*)
って晴れそうですねsun

投稿: おさる | 2008年6月 7日 (土) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/21439157

この記事へのトラックバック一覧です: 違憲判決その後:

» 万座温泉プリンスホテル/お宿なび [万座温泉プリンスホテルとくしゅう]
万座温泉プリンスホテル/お宿なび [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 00時08分

» ◆国籍法は違憲・最高裁大法廷/結論としては当然だ [てらまち・ねっと]
 以前、フィリピンから騙(だま)されて連れて来られて、強制的に働かされていた女性をフォローした。  その女性は、日本に連れて来られて、置かれた状況を知り、逃げ出した。  その後、県内の男性と暮らし、2人目の子の出産の前に男性が不明に。  認知がないと大変なことになるとオトコを捜した・・  職場(会社)の名称を聞いて、そこも行ってみたけど不明・・・   ・・・その後、やっと、連絡がとれたけれど・・・  結局、彼女は出産後、苦しい生活が分かっているフィリピンに送還された。     そのあたりのことは... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 18時51分

« トラブルの解決方法 | トップページ | ADRの効果測定 »