« 役所での戸籍謄本の取り方 | トップページ | 行政書士制度PRポスターモデル »

2008年6月26日 (木)

入管法の逐条解説

先日の「ホウケン」の入管ゼミで、「これは買うべし!」と講師お薦めの、入管法関連の書籍を購入しまして、今日やっと届きました。

その名も出入国管理及び難民認定法逐条解説 改訂第3版 本体価格11,000円税別です。

値段もさることながら、ページ数もスゴイ!しめて1,045ページの大巨編。

中身はもっとスゴクて、字、字、字のオンパレード・・・無駄のない構成です^^;

逐条解説ですので、条文を事細かにこれでもかってぐらいに分析しています。
言葉の意味、その条文の趣旨、詳しい解説と、多分この「出入国管理及び難民認定法逐条解説」をキッチリ理解出来ると、入管関連業務では鬼に金棒です。

文章も読みやすく、法律系の書籍にありがちなまどろっこしさはありません。
が、集中して不眠不休で読んだとしても、キッチリ読み切るには3日は掛かりそうなほど濃いです。
いつ読み切れるかは謎です・・・。

ビザ申請サポートはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 役所での戸籍謄本の取り方 | トップページ | 行政書士制度PRポスターモデル »

外国人の在留資格(ビザ)」カテゴリの記事

コメント

はい、分量は大量です。

しかし、入管業務はこの書籍を熟読することから始まります。

良くプロと素人の境界という話をしますが
このテキストを読み切ったか否かが分かれ目です。

厳しい言い方をすればこの書籍を読まぬうちはこの業務に手を付けてはいけないくらい重要なものということです。

頑張って下さい。

投稿: 伊藤 | 2008年6月27日 (金) 10時40分

伊藤先生
頑張ります。
やることが多すぎて、ジタバタしていますが、この書籍は読み切ります。

投稿: おさる | 2008年6月27日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/21911070

この記事へのトラックバック一覧です: 入管法の逐条解説:

« 役所での戸籍謄本の取り方 | トップページ | 行政書士制度PRポスターモデル »