« 品川の入国管理局 | トップページ | 司法修習生のブログ »

2008年6月19日 (木)

上陸拒否期間の認定申請

日本にいる外国人が不法滞在などで、退去強制処分を受けると、退去強制後日本への上陸が拒否されることになります。

犯した違反行為によって上陸拒否期間は違いますが、最短で1年、最長は永久拒否です。

上陸拒否期間中に、日本への上陸を希望しても、出入国管理及び難民認定法に定める上陸のための条件に適合しないため、在留資格認定証明書交付申請をしても上陸が認められることは、まずありません。

が、稀に認められることがあります。

それが「上陸特別許可」です。

滅多に出ませんが、出る時がないわけではありません。
上陸拒否を受けた外国人でも、日本人と結婚したり、日本人との間に子供が生まれて、日本で養育する必要が認められたりすると、上陸拒否期間でも、日本への上陸が特別に許可されることがあります。

可能性がゼロじゃないだけに、真正に結婚して日本での暮らしを望むカップルには、申請すればもしかして許可が出るかも・・・と思わせてしまうところが、逆に蛇の生殺しのようで、辛いですね。

個人的な意見ですが、少なくとも資格該当性があると判断できるのであれば、許可を出してもいいのでは・・・。
まぁ、いきなり許可は出せないにしても、条件を出すとか、お試し期間を設けるとか、もうちょっとキメ細やかに、個別的に対応しても罰は当たらないのでは?と思います。
切実に、日本での暮らしを望んでいるご夫婦にとっても5年のペナルティー期間は長いです。

ビザ申請サポートはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 品川の入国管理局 | トップページ | 司法修習生のブログ »

外国人の在留資格(ビザ)」カテゴリの記事

コメント

お試し期間というネーミングは面白いですがね。OSも本人に責任があるかといえば、必ずしもそうでもない場合もあるようですから。。。

投稿: クレヨン | 2008年6月20日 (金) 18時24分

クレヨンさん
刑事的に不起訴になった場合ですが、日本人と真正に結婚していると認めていながら、不法入国の過去があるから、ビザを出せないと言うのであれば、最初から申請を受理すべきではないでしょ、と思うわけですよ。
気を持たせておいて、結果は不許可じゃ…(T_T)

投稿: おさる | 2008年6月20日 (金) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/21745656

この記事へのトラックバック一覧です: 上陸拒否期間の認定申請:

« 品川の入国管理局 | トップページ | 司法修習生のブログ »