« 人口減少と外国人政策 | トップページ | セールスの電話 »

2008年6月29日 (日)

一日雨

まさに梅雨真っ盛りですね。

土砂降りの雨の中、急きょ親類の法事に参列してきました。
もともと体調が悪いと言う事は聞いていたのですが、去年の今頃亡くなりました。
なので今回の法事は一周忌です。
去年の葬儀では、まだ20歳代の故人のお嬢さんが気丈に対応されているのが、痛々しく、参列者の涙を誘っていました。
一年経ってだいぶ落ち着いてきてはいるようですが、“親の死”を乗り越えるのは並大抵のことではないですから・・・私自身も、母が亡くなって11年たちますがちゃんと乗り越えられているのか微妙です。

という訳で、先週予告したにも拘らず、今日のサムライ塾日曜早朝民法ゼミはお休みしました。

死因贈与の続きだったはずなので、非常に残念ですが、民法ゼミに参加した方、どんな感じだったか後で教えてください。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 人口減少と外国人政策 | トップページ | セールスの電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
私は子どもの急用で、今日もゼミに行けませんでした~

我が家も今年に入り親類の葬儀が立て続けにありました。私自身はまだ経験がありませんが、家人を見ていると「親の死」を乗り越えることは難しいようです。

投稿: 四つ葉 | 2008年6月29日 (日) 20時47分

四つ葉さん
“親の死”を乗り越えられない理由の一つが、今ならもっとマシな親孝行ができるのに…と思ってしまうことです。
いずれ時間が解決してくれるのかどうなのか…(T_T)

投稿: おさる | 2008年6月29日 (日) 21時24分

順番とは言え親の死は大きいものです。
やはり解決は自分自身と時間でしょう。

早朝ゼミは死因贈与と遺贈の差異から始まり、A先生手持書籍からのテキストが22頁ありましたが、まだ3頁のみです。
その中で不明点は死因贈与契約書の中で執行人を指定できるが、その契約は別にするのか?でした。

投稿: クレヨン | 2008年6月30日 (月) 11時15分

クレヨンさん
ありがとうございますhappy01
やっぱり面白そうですね。
今度の日曜日には法事が入りませんように…sweat01

投稿: おさる | 2008年7月 1日 (火) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/21969092

この記事へのトラックバック一覧です: 一日雨:

« 人口減少と外国人政策 | トップページ | セールスの電話 »