« 下請代金支払遅延等防止法 | トップページ | 名刺を再注文 »

2008年4月10日 (木)

なぜ“相続”なのか

前にも書きましたが、ワタシは入管関連のお仕事をしたくて、行政書士資格を取りました。

苦節云年目にしてやっと資格は取れましたが、いざ行政書士有資格者になってみても、仕事のやり方は皆目分かりません。試験科目には現実の業務に直結する知識(たとえば許認可の取り方)は含まれていないからです。
巷で売られている行政書士の開業成功本を何冊か読んでみましたが、一向にイメージも湧いてきませんでした。
というより、ワタシ自身が行政書士業務の全容(?)を把握していないのがそもそもの問題なのでは?と思い至りました。

で、とある予備校の実務者研修を受けてみたわけです。いま考えても豪華な講師陣だったその実務者研修で「相続」が行政書士業務に含まれると知ったのです。

わたくし事ですが、私の両親はワタシが24歳と30歳のときに亡くなっています。実際の相続の現場を身近なところで2回体験したわけですが、そのときは特に専門家に依頼したりはしませんでした。
相続財産に不動産がなかったのが最大の理由ですが、そういったことを相談する所があるという知識が欠落していたというのも理由のひとつです。相続は弁護士が扱うモノで、すっごくお金持ちの人にしか関係ないぐらいに思っていました。

その時の自分なりには精一杯頑張っていろいろな手続きをしましたが、いまでも何か抜け落ちていたことや、ホントはそうすべきではなかったことなどがあったのでは?と不安に思う事があります。
親が死んで、その直後に葬式の手配や知人・親戚への連絡、役所や保険会社その他諸々の手続や手配を、近い親族が自ら行うのは気が紛れるという効果も実際ありますが、掛かったストレスはそれを上回るものがありました。

某予備校の実務者研修で、行政書士業務に「相続」が含まれると知ったとき、もし両親が亡くなったときに、相続に関する手続だけでも代わってやってくれる人がいると私が知っていたら依頼したかを考えました。したかもしれないし、しなかったかもしれません。
しかし、もしも依頼していたら、「なにか間違ったことをしていなかったか・・・」という不安をいつまでも抱えていなくて済んだ事だけは間違いありません。
この不安はどうにも取り除きようがない分、厄介なものです。

いずれにしても、人が亡くなってから相続までの様々な手続きは思った以上にストレスの掛る、出来れば避けて通りたい手続きだとは、声を大にして言いたいです。

以上、山本行政書士事務所がなぜ、相続業務をしようと思ったか、でした。
長いし、まとまってないし・・・^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 下請代金支払遅延等防止法 | トップページ | 名刺を再注文 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

私の父の時も葬儀関係でバタバタして、結局相続関係は税理士先生に依頼したと思いますね。
いまなら当然、、、、、

投稿: クレヨン | 2008年4月10日 (木) 15時13分

クレヨンさん
いま自分の身内に相続が発生しても、ワタシ自身は自分でやらないかも。
その後の人間関係を考えるとね・・・。

投稿: おさる | 2008年4月10日 (木) 21時35分

私の父は先々月亡くなりましたが、まだ相続手続が全部は終わってはいません。
別に遺産争いでもめてるわけではなく、
単に私がチンタラやってるせいなのですが。
報酬がもらえないし、自分の行政書士業務があるしで。
行政書士になって1年弱、まさか自分が親の葬儀・相続を
(こんなに早く)やるとは思ってもみませんでしたしね。
相続業務も少しやって、関連の勉強はしてましたので、
法的手続きには不安は無いのですが(めんどくさいだけです)、
法事の準備とかは大変でした。
で、今は、これらの経験を業務に生かせないかと
考えていますが、個別具体的な仕事は細かいし、
けっこう大変だなぁとも。
文才があれば、マニュアル本でも書くんですがねぇ。

投稿: ねこ | 2008年4月12日 (土) 02時29分

ねこさん
先々月って言ったら結構最近ですね。
お疲れ様です。そしてご愁傷様です。

うちの場合も特に争いごとはありませんでした。
粛々と必要な手続きを進めたつもりですが、今考えても怪しげな事をやっていた可能性が否定できません^^;
今だったらもう少しマシな・・・いや多分同じ事するだろうな・・・。

実際、相続手続きって細かくてめんどうです。代わりにやってくれる人がいたら、任せた方が精神衛生上も、実質もいいと思います。
マニュアル本はぜひ書いてください。読者第1号に立候補します(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年4月12日 (土) 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/20100337

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ“相続”なのか:

« 下請代金支払遅延等防止法 | トップページ | 名刺を再注文 »