« 敷金トラブル(ハウスクリーニング) | トップページ | 賃貸借契約書の有効性 »

2008年4月16日 (水)

契約の成立要件

昨日の続きかどうか微妙ですが、短めです。

契約の成立要件は

1、確定性

2、実行可能性

3、強行規定に反しない

4、公序良俗に反しない

これだけです。
どれか一つでも欠けたら、契約は成立したとは言えません。

続きは明日・・・必ず。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 敷金トラブル(ハウスクリーニング) | トップページ | 賃貸借契約書の有効性 »

法律」カテゴリの記事

コメント

言われるとそうですね、になるのですが、問われると簡単に出てこない事柄ですね。
勉強になります。

投稿: クレヨン | 2008年4月17日 (木) 09時01分

クレヨンさん
頭文字をとって「確・実・強・公」と覚えると忘れませんよ。
受験生時代の講師の受け売りですが・・・^^;

投稿: おさる | 2008年4月17日 (木) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/20302462

この記事へのトラックバック一覧です: 契約の成立要件:

« 敷金トラブル(ハウスクリーニング) | トップページ | 賃貸借契約書の有効性 »