« 桜咲いてきましたね | トップページ | 裁判官を納得させられるか »

2008年3月27日 (木)

行政書士の契約書作成

東京都行政書士会、渋谷支部の「契約書の読み方・書き方のポイント」という研修会に参加して来ました。

講師は某予備校の実務者研修でもお世話になったS先生です。

おもしろいですね。契約書作成業務。
もちろん法的知識が有ってからこその業務ですが、これぞ“コンサルティング”の醍醐味というお話しをお聞きして来ました。

ワタシ的には、まだまだ契約書そのものには手出し出来そうもないですが、今後勉強して参入したい分野ではあります。

印象的だったのが、「契約書は、トラブルを回避し、誰が読んでも分かり易い言葉で」ということでした。
契約書というと、難しい法律用語を多用する、読むことすら敬遠したくなってしまうものが多いのが現状ですが、そうじゃない契約書があってもいいですよね。

契約書は、ひな形通りに作るのではなく、企業の規模、業務形態、資金や経理規定など、さまざまな要素を加味した上で、その会社にフィットし、尚且つ相手方との十分な合意のうえで作るべき、ということでした。当たり前なことのようで、なかなか難題です。

何はともあれ頑張ります(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 桜咲いてきましたね | トップページ | 裁判官を納得させられるか »

法律」カテゴリの記事

コメント

業うせい書士の・・・?

投稿: S | 2008年3月27日 (木) 23時22分

Sさん
お見苦しい文章を公表してしまい、たいへん失礼致しました。
バックスペースキーを押したつもりが、エンターキーを連打していました。
お詫びして訂正いたします^^;
手が・・・!

投稿: おさる | 2008年3月27日 (木) 23時43分

契約書は数多く結んできましたが、結局それを盾に交渉することは起きませんでした。
結果的に危機感のない部署になっていたような、、、、
契約書を熟読したことさえ少なかった、、、、、
今思えば空恐ろしいことです。

投稿: クレヨン | 2008年3月28日 (金) 09時36分

クレヨンさん
S先生によると、契約書の内容によっては、トラブルになった際より悪い方向へ転ぶこともあるようなので、結果オーライなのでは。
自分自身がどんな契約を結んだか把握できていないということだと問題ですが・・・^^;

投稿: おさる | 2008年3月28日 (金) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/11877249

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士の契約書作成:

« 桜咲いてきましたね | トップページ | 裁判官を納得させられるか »