« 裁判官を納得させられるか | トップページ | 遺留分の性質 »

2008年3月29日 (土)

労働契約法

平成20年3月1日から労働契約法が施行されました。サッカーの中澤選手がTVなどでコマーシャルしていますね。

労働契約法は労使間のトラブルを予防し、解決するための法律です。労働基準法ではカバーしきれない使用者と労働者間の雇用労働契約の成立・継続・終了のルールを明確にしています。

第1条の目的規定に「労働者及び使用者の自主的な交渉の下で、労働契約が合意により成立し・・・合理的な労働条件の決定又は変更が円滑に行われるようにすることを通じて、労働者の保護を図りつつ、個別の労働関係の安定に資することを目的とする。」

とあります。
労働者は使用され働くことを約束し、使用者はその労働の対価として賃金を払う事を約束するというのが労働契約です。

労働者が企業(使用者)と労働条件について交渉し、労働契約を結ぼうとすると、どうしても弱い立場になりがちです。
そのため国は、労働者が一方的に不利な労働契約を結ばされないよう、労働基準法・最低賃金法・男女雇用機会均等法などさまざまな法律等で、使用者が守るべき最低限のルールを制定しているのです。
今回制定された労働契約法もその一つです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 裁判官を納得させられるか | トップページ | 遺留分の性質 »

法律」カテゴリの記事

コメント

うーん一度熟読しておかなければならないですね。
労基法と比較対照すべきかな。。

投稿: クレヨン | 2008年3月29日 (土) 22時56分

クレヨンさん
結構おもしろい条文です。
あした、参考図書持って行きますね(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年3月29日 (土) 23時01分

今まで労働関係の法律は、あまり触れたことがありませんでした。が、昨年末はパラリーガル仕事で、労働基準法を始め関係条文や判例を調べる機会があり、結構面白いかもと思っていました。
労働契約法は、まだ読んだことがありませんが、上記案件は、まだ継続中なのでそのうち読むことになりそうです。。

投稿: 四つ葉 | 2008年3月30日 (日) 21時18分

四つ葉さん
労働系の法律は分かり易いようでいて奥深いですよね。
ワタシも一度じっくり勉強してみたい分野です(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年3月30日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/11933484

この記事へのトラックバック一覧です: 労働契約法:

« 裁判官を納得させられるか | トップページ | 遺留分の性質 »