« 行政書士に簿記の・・・ | トップページ | 遺産の評価方法 »

2008年3月15日 (土)

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

昨日、財団法人不動産適正取引推進機構に行ってきました。

平成16年2月に作成された「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版)」を手に入れるためです。郵送でも入手可能だったんですが、急きょ確認したいところが出てきたため直接取りに伺いました。

賃貸住宅(マンション・アパート・戸建)の退去時にトラブルになりがちな賃借人の“原状回復義務”について、そもそも原状回復とは何かを明らかにし、それに基づいて賃貸人・賃借人の負担割合のあり方を具体的に示すのが、このガイドラインです。

マンション・アパートなどの退去時に高額の原状回復費用を請求され、さらに預けたはずの敷金も返して貰えない、なんてときにこのガイドラインが役に立つかもしれません。
「役に立つかも」という微妙な言い回しになってしまうのは、このガイドラインはそもそも法律ではなく、あくまでも原状回復についてトラブルの未然防止と円滑な解決のための一般的なルール、という位置づけになっているため強制力がないからです。

強制力はありませんが、このガイドラインは過去の敷金トラブルについての判例なども参考に作成されていますので、トラブルになった時には話し合いの指針にはなり得ると思います。

ちなみに「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版)」は一部900円です。お金取られるの?と思われた方、ワタシもそう思いました^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士に簿記の・・・ | トップページ | 遺産の評価方法 »

敷金トラブル」カテゴリの記事

コメント

そんな財団があるのですね。
HPを見てみたら、Q&Aがなかなか面白いですね。

投稿: クレヨン | 2008年3月15日 (土) 16時56分

クレヨンさん
あるんですよ、そんな財団が。
受付の女性も感じのいい方ばかりでした(^^)
郵送でなく、一度行ってみるのもお勧めです!

投稿: おさる | 2008年3月15日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/11364967

この記事へのトラックバック一覧です: 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン:

« 行政書士に簿記の・・・ | トップページ | 遺産の評価方法 »