« 遺言書の検認 | トップページ | 真夜中の地図作成の恐怖 »

2008年2月 4日 (月)

公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言のメリットは簡単に2つあります。

ひとつ目は、以前にも書きましたが、遺言には厳格な方式が要求されています。必要事項に記入漏れなどがあると、遺言としての効力が認められません。自筆証書遺言の場合、誰のチェックも入りませんので、結果として遺言が無効になってしまうこともあります。
しかし公正証書遺言の場合は、公証人に遺言の趣旨をあらかじめ伝え、公証人が文書を作成しますので、方式性でのミスは回避することができます。

もう一つの理由は、家庭裁判所の検認手続きを受ける必要がないことです。遺された家族が、家庭裁判所への申請や開封の立会いなどの手続きを公正証書遺言の場合は踏まずに済むのです。

公正証書遺言のデメリットは、料金がかかることと、遺言の内容を完全には秘密にしておくことが出来ない、ということですね。文書を作成する公証人と、証人が2人立ち会う事になりますので、少なくともその3人には遺言の内容を知られることになります。

自筆証書遺言・公正証書遺言のどちらを残すにしても、家族または信頼できる方に遺言状の存在を伝えておく必要はあります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ご協力をお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 遺言書の検認 | トップページ | 真夜中の地図作成の恐怖 »

法律」カテゴリの記事

コメント

遺言書の存在を遺言するなんてこともありそうですね。
特にコミュニケーションのない家族の場合には。

投稿: クレヨン | 2008年2月 4日 (月) 18時01分

クレヨンさん
遺言を残すにしてもそうでないにしても、日頃の家族とのコミュニケーションは大切ですね。

投稿: おさる | 2008年2月 4日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/10251596

この記事へのトラックバック一覧です: 公正証書遺言のメリット・デメリット:

» 交通事故の公正証書が作れる公証役場(九州編) [交通事故の公正証書が作れる公証役場(九州編)]
【緊急告知】 もしあなたが、まだ示談交渉中なら、終了してしまう前にすぐご覧下さい! [続きを読む]

受信: 2008年2月 8日 (金) 03時18分

« 遺言書の検認 | トップページ | 真夜中の地図作成の恐怖 »