« 相続用語の基礎知識 | トップページ | 行政書士とうきょう1月号 »

2008年1月 8日 (火)

福岡3児死亡事故懲役7年6月判決

福岡市東区の「海の中道大橋」で06年8月にあった3児死亡事故で、1~4歳の幼児3人を死亡させたなどとして危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた元市職員、今林大(ふとし)被告(23)に対し、福岡地裁は8日、懲役7年6月(求刑・懲役25年)を言い渡した。危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)の成立を認めず、予備的訴因の業務上過失致死傷罪(同5年)と酒気帯び運転を適用した上でひき逃げと併合した法定上限とした(毎日新聞配信)。

お酒を飲んで車の運転をして、事故を起こしたのにその場から逃げて、挙句お酒を飲んでいたことを誤魔化そうとする。そんな人がこの程度の懲役で本当に妥当なのか。分かりません。
たとえ求刑通りの懲役25年の判決が出ても亡くなった子供たちが戻って来ることはないわけで。先程聞いたニュースでは亡くなった子供たちのご両親には控訴の意思はないようです。

被告には心からの反省をしてほしい。自分の卑怯さ卑劣さと正面から向き合って、3人の子供を死に至らしめたのは自分なのだと逃げずに認めてほしい。判決がどうであれ罪名が何であれ、やってしまった事は変えられないし、無かったことには出来ないのだから。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ポチっとお願い致します

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 相続用語の基礎知識 | トップページ | 行政書士とうきょう1月号 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

求刑と判決に差がありすぎですね。
危険運転致死傷罪の適用要件の”故意”の立証が難しいという話を聞いたことがあります。
ほんとに適用が難しいのなら、刑罰が有名無実になりませんか?

投稿: クレヨン | 2008年1月 8日 (火) 20時12分

クレヨンさん
検察側は危険運転致死罪について立証責任を精一杯果たしていたのか疑問です。
世間の同情や事故の重大性から検察側に「なんとかなる」という根拠のない見切り発車的な部分は本当になかったのか、精査と猛省を求めたいです。

投稿: おさる | 2008年1月 8日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9774008

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡3児死亡事故懲役7年6月判決:

» HDDとは? [ハードディスク復旧・ハードディスク修理 情報館,福岡3児死亡事故懲役7年6月]
ハードディスクドライブ (Hard disk drive) は、磁性体を塗布した円盤に磁気ヘッドを用いて情報を記録したり読み出す記憶装置のことです。円盤が固い素材で作られていることからハードディスクと呼ばれ、HDDとも、固定ディスク、Fixed disk やWinchesterdiskとも言われる。フロッピーディスクドライブと比較した場合、大容量のメモリーを持ち、高速でアクセスできます。現在市販されているハードディスクドライブの多くは密閉型ハードディスクドライブとも呼ばれ、金...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 02時48分

« 相続用語の基礎知識 | トップページ | 行政書士とうきょう1月号 »