« 行政書士とペットトラブル | トップページ | 行政書士の報酬 »

2008年1月16日 (水)

行政書士のマーケティング入門

最もシンプルなマーケティングの定義は「売れ続ける仕組みを作る」だそうです。“だそうです”と言ってしまうところがヒヨコなんですが。売れてくれないと困るし、単発で一時的にしか売れないのでは先々不安です。
ただ売れ続けるだけでもダメですよね。利益が出なければ、どれだけ売れても赤字だけが増え続けるようだと会社はつぶれてしまいます。
マーケティングの大家でコトラーさんという方は「自社の利益が出るように顧客のニーズを満たすこと」とマーケティングを定義づけています。

マーケティング戦略を考える大まかな流れは、

①環境分析
②市場と顧客の狙いをつける
③自社のポジションを決める
④製品・価格・流通・プロモーションなどのマーケティング・ミックスといわれる要素を最適化する

となるらしいです。そしてこの戦略を上手に立て、実行するには「プロセスを一方通行で考えず循環させる」ことと「常にプロセスの全体像を意識し整合性をとる」とあります。

全体像を考えつつ今後の展開を見通して行くということですね。その際近視眼的にならず次の次まで考えた上で行動を起こすと。

言うのは簡単なんですけどね。今日、とある会社で行政書士としてこのマーケティング戦略を実践してみました。しかし既存意識は思いのほか強固です。マーケティング理論の中に“顧客の意識を考える”とか“自社の欠点を考える”とかありましたが・・・なかなかそっちに行きません。いや行くことは行くんですけど、意見として出てきた欠点などをその先に繋げるような話し合いにならないんですよ。結果として着地点が今までの営業方法と変わらないんです。
けど、実際社内で話し合って決めた事を実行に移して、結果を検証の上さらにその後の行動を決めるという循環が最も必要なんだとは思いますので、その方向で行ってみたいと思います。

マーケティングって難しい・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    ← ランキングに参加してます。ポチっとお願い致します(*^_^*)

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士とペットトラブル | トップページ | 行政書士の報酬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人は易きに流れます。うまく行っている既存の流れに異を唱えることは難しいし、また変更する必要もない。ただ、見直しもせず、流れのままに過ぎていると取り返しがつかなくなる恐れが、、、
難しいですねぇ。

投稿: クレヨン | 2008年1月17日 (木) 09時27分

クレヨンさん
「このままじゃいけない」とは分かっているからこそ、ワンマン社長が社内で従業員を交えて話し合いをしようというところまでは来たんですけど…。
ホントに難しいですね、今までのやり方でいい時もあったので尚更です。
従業員のやる気の問題、と言える部分もあるので既存の方法と変わらないとしても「社内で話し合って決めた事を実行に移す」というのをある程度モチベーションに出来ないかな、と考えています。

投稿: おさる | 2008年1月17日 (木) 10時13分

確かにマーケティングって
難しいですね。
僕は開業以来、何も考えずに、
提案したい内容のチラシを作って
軒並み「飛び込みセールス」を展開して来ました。

ただ、今年からは、
マーケティング戦略で言う
①を実践する事にしたので、
おのずと③も決まって来るのかなと思ってます。
何を今更・・・と言う感じですが。。。(苦笑)

投稿: カフェおれ | 2008年1月17日 (木) 19時54分

カフェおれさん
軒並み飛び込みセールス!今年はそれをやってみようとも思ってます。
上手くいったらご喝采ということで^^;
環境分析自体が…です。またそれを繋げていこうとすると…です。
ま、ぼちぼちですよね(*^_^*)

投稿: おさる | 2008年1月17日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9826688

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士のマーケティング入門:

« 行政書士とペットトラブル | トップページ | 行政書士の報酬 »