« リニューアルしました | トップページ | 行政書士のイメージ »

2007年12月27日 (木)

行政書士事務所の名称の決め方

行政書士として業務を行うには、日本行政書士会連合会の“行政書士名簿”なるものに氏名、住所、生年月日、事務所の名称及び所在地、その他日本行政書士会連合会の会則で定める事項を登録しなければなりません。

登録事項に「事務所の名称」も含まれます。
東京都行政書士会のホームページに“事務所の名称に関する指針”が掲載されているので、東京で登録される大方の人はこれを見ているのでは、と思います。
ご多分に漏れず私も登録前にこれを見ました。が、あんまり参考になるとは正直言い難いです。

事務所の名称に関する指針を抜粋すると、“行政書士”という文言を明示することが望ましい。既に登録されている名称と同じ名前は原則ダメ。他の法律で使用禁止にされているもの、他の資格と誤解されるような名前も不可。公的機関と誤解されそうなもの、行政書士の品位を害する名称もダメですよ。ってこんな感じですね。
どんな事務所名にすると行政書士の品位を害するのかイマイチ分かりかねますが、最低限事務所名を聞いたり見たりした人達が不快に思ったりしないレベルのものにしてねってところでしょうか。

私の場合はタウンページを参考にしました。参考にしても「山本恵美子行政書士事務所」にしちゃったのは、“行政書士”と“個人名”の組み合わせがやっぱり多かったのと、ヒネリが利かない体質だからでしょう。後から聞いたら結構皆さんひねってますよね。「あ」から始まるよさそうな名称にしたとか、これだと50音別に掲載されるものだとトップの方に載りますもんね。好きな花の名前にしたとか、呼びやすさや電話に出るときに言いやすそうな名前にしたとかいろいろですね。
個人名を使用していない事務所名の先生に事務所名を決めたときの由来など聞くとおもしろい話しが聞けたりします。

私のように安易に決めてしまうと後々後悔する事もあるかも。変更も出来るけどなかなかね。
年賀状書いていて気付きましたけど「○×太郎行政書士事務所 ○×太郎様」って長いよ、字面が。バランス取りづらいし。事務所名省略するわけにもいかないしなあ。
ってか、今時は住所や名前も印刷か。手書きはタイヘンだよ。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   ←ぽちっとな

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« リニューアルしました | トップページ | 行政書士のイメージ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

初めまして^^ 行政書士目指して勉強しているKAORUと申します!お邪魔させてもらったので、コメントさせてください♪♪

私も、将来を夢見て、開業するときの参考に、いろんな行政書士の方のHPを拝見し、勉強させてもらっています。
やっぱり名前と“行政書士”って組み合わせが多い気がしますね。
あいうえお順でヒットしやすいようにとか、上に掲載されるように・・・とか色々みなさん考えてらっしゃるのですね!!当たり前かぁ^^;
勉強になりました!
またお邪魔させてください☆☆
では、失礼します!

投稿: KAORU | 2007年12月28日 (金) 08時56分

KAORUさん
はじめまして、コメント有難うございます!
事務所の名称を決めるのは登録前のお楽しみの一つです。先輩先生のお話しによると「さくら」と「あおい」が人気らしいです。実際この名の事務所名の知り合いもいます。
行政書士の勉強中とのこと、あせらずマイペースに頑張って下さいね。いずれ東京会で登録されるのであれば、お会いする事もありますよ。
また遊びに来てくださいね(*^_^*)

投稿: おさる | 2007年12月28日 (金) 09時55分

確かに友人のA先生は”あ”で始まる事務所名だから仕事が取れたことがあるそうです。NTTがらみらしいですが。
愛行政書士事務所にしておけばよかったかな。

投稿: クレヨン | 2007年12月28日 (金) 17時07分

クレヨンさん
愛行政書士事務所…いそうですねどこかに。
爽やかな感もありますが…実際50音順に並べるものは、ほぼトップ確実ですね。
しかし…。

投稿: おさる | 2007年12月28日 (金) 17時19分

ご質問があるのですが、開業するにあたり、事務所を設ける時、自宅以外の賃貸契約の場合、契約してから1年以上経ってることと行政書士会の登録詳細ページに書いてあったのですが、賃貸したての事務所登録はできないということでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: ひろ | 2008年1月 1日 (火) 04時44分

ひろさん
こんにちは。
東京都行政書士会のHPで確認してみました。
契約してから1年以上ではなく、契約期間が1年以下の短期賃貸契約物件では事務所としての安定性に疑義がある、という解釈ではないかと思いました。通常事務所として使用する事を前提に賃貸契約を結ぶ場合、いわゆる期限の定めのない賃貸契約(マンションなどの賃貸契約で原則更新があるようなものと同じ)が多いと思いますが、更新の出来ない短期契約では、たとえば1年の契約だった場合、1年後には退去しますという契約ですから、継続的に事務所として使用できないということになります。

実際に賃貸契約したての事務所で登録されている方もいらっしゃいますので、使用経過期間は登録に際して問題にはならないと思います。

投稿: おさる | 2008年1月 1日 (火) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9591570

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士事務所の名称の決め方:

« リニューアルしました | トップページ | 行政書士のイメージ »