« 行政書士試験受験生時代のお話し | トップページ | 再び行政書士試験受験しかし不合格 »

2007年12月19日 (水)

行政書士試験不合格の理由

16年度17年度の行政書士試験になぜ合格できなかったのか。飽きるほど勉強はしました。けど不合格でした。

初めて行政書士試験にチャレンジした16年度のときは、3月末頃に受験勉強を開始しました。某予備校の通学コースです。それまでにも問題集はペラペラ見たりはしてましたが、テキストを使った本格的な学習はしていませんでした。
十云年ぶりの本格的な“勉強”でしたし、法律を学ぶのも初めてだったので、行政書士試験に受かるかどうかより、入学金やら授業料を納めに行った時には「続くのか?」というのが最大の関心事でした。

実際に通学してみると、意外や意外おもしろい。何がおもしろいって、私が通っていた予備校では毎授業終了ごとに自宅学習用のミニテストがあって、授業が終わって家に帰るとせっせと復習して、でそのミニテストをやる訳なんですよ。それがなんか点がとれるんですよ。それがもー楽しくて楽しくて。最初の科目は憲法だったので基礎的な知識があった事も幸いしましたね。
途中から行政書士試験に合格する、というより予備校のテストでいい点数を取ることが目的になってしまったようでした。で一日平均三時間~四時間位は勉強していたので、よっぽど方向性が間違ってない限り、そりゃ法律系のテストではいい点数が取れるようになりますよ。

もちろん問題は一般教養です。ただ国語が得意だったので当時は正直そんなに心配してませんでした。それより法律系でどうやったらもっと点数が取れるようになるかばかり考えていましたね。法令問題でどれだけたくさんの点数を稼いでも一般教養を、当時だと10問正解しないと、まったく意味がない訳ですが、そこはそれ法律を勉強する面白さにハマってますので、全然意に介さず毎日毎日法律ばっかりやってました。ばかですね。

結果は法令は88点だったかな、とにかく合格ラインの上です。で問題の一般教養・・・。正解が9問。得意だったはずの国語、どっちが正解でもいいんじゃないの?ってな微妙な問題があったんですよね。あれが合ってれば・・・。電話線と電車開通はどっちが早い新橋横浜間みたいな問題が、ダメダメでした。でも考えれば電車よりそりゃ電話でしょ、って冷静なら思えるのに。最初に“これかな?”と思って結局違う答えを書いた問題はことごとくはずしたし・・・。

なぜ合格できなかったのか結論。本試験当日にいかに冷静に問題を読み、考えて答えを書くかが合否の分かれ目、とにかく冷静さを見失ったのが不合格の理由。でもさ、16年度の本試験の前日って新潟の方ですごい地震があって東京でも結構揺れたんだよね。TVも特別番組とかガンガン流しててもう釘付け。その時点で冷静さは失っていたような。いやいやそれでも合格した人はいるわけだから、所詮負け犬の遠吠えです。とほほ

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   ←ぽちっと

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士試験受験生時代のお話し | トップページ | 再び行政書士試験受験しかし不合格 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

思い出したくないのは一般教養です。
なんでこんな問題出すのだ!!
試験が終わると吠えていました。
おらっちも3回9問で足を切られました。
おかげで短くなったこと!!

投稿: クレヨン | 2007年12月19日 (水) 19時02分

クレヨンさん
なにが短くなったかはあえてお聞きしませんが、同士です。
あんな問題ないよな~特に一般教養!
これも負け犬の遠吠えかな…うん。

投稿: おさる | 2007年12月20日 (木) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9476081

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験不合格の理由:

« 行政書士試験受験生時代のお話し | トップページ | 再び行政書士試験受験しかし不合格 »