« 行政書士の営業 | トップページ | 佐世保散弾銃乱射事件 »

2007年12月14日 (金)

永住者申請の許可基準

今日は東京行政書士会主催の“入管法に係る講習会”に午後から行ってきました。
かなり人が来ているなと思っていたら、主催者発表で332人。東京の登録済行政書士の約1割が来ていた勘定になりますね。

内容は3部構成で、届出行政書士としての注意点、出入国管理行政の現状と在留資格審査業務(就労)について、最後は身分地位に係る在留資格の審査上の注意点でした。
“申請取次”の講習のときに講演した入国管理局の審査官の喋りっぷりがあまりにも感じ悪いなと思っていたので、今回も講師がすべて入国管理局の審査官だと事前に聞いていたので、正直あまりためになる話が聞けるとも思っていなかったのですが、案に相違してよかったです

特に最後の身分地位に係る在留資格の審査上の注意点の講師は、東京入国管理局永住審査部門の統括審査官でしたので、行政書士からの微妙な質問にも即答できる(あたりまえか)キレ者でした。東京管轄のヤバイ永住許可申請はすべてアヤツが目を通しているかと思ったら・・・感慨深いものがありました。

新人行政書士のワタクシとしては、永住者への在留資格変更許可申請について入管の審査はもうちょっと条文を厳格に解釈しているのかなと、考えていたのでそうでもないと確認できたので参加してよかよかでした。永住者の許可基準“素行が善良である事”ってのがありまして、要するに悪いことしてないなーとか、ちゃんと税金納めてるかーなんてことなんですが。
駐車違反でキップ切られて罰金払ったとします。これも“やっちゃいけない悪いこと”に入るのかどうかってことです。やっちゃったら当分アウトかと思っていたんですが、今日の統括官のお話では、他にマイナス要素がある場合と罰金の金額による、ということなので軽微な罰金刑の場合はセーフのようですね。

それにしても2番目に講演された就労部門担当の統括審査官・・・なぜもああタルイ喋り方をするのか。お世辞にも座り心地が良いとは言えない椅子だったのに、彼が喋っていた間子守唄を聞いているような心地よい眠気に襲われまくりでした。もちろん抗ったりしませんでしたので気持ちよく・・・ZZZ。

ビザ申請サポートはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士の営業 | トップページ | 佐世保散弾銃乱射事件 »

外国人の在留資格(ビザ)」カテゴリの記事

コメント

へぇ、おっしゃる通りで、隣で舟を漕いでいた勉強一筋の馬鹿者です。
はい、聞こえていた部分はいいお話でしたね。

投稿: クレヨン | 2007年12月15日 (土) 08時59分

クレヨンさん
後ろの方からは響き渡るようなイビキモも聞えてましたし、強力な睡魔に襲われたのはあの会場にいた大多数の行政書士と思われます。眠ってた間の講演内容はちょっと気になりますけどね。

投稿: おさる | 2007年12月15日 (土) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9404394

この記事へのトラックバック一覧です: 永住者申請の許可基準:

« 行政書士の営業 | トップページ | 佐世保散弾銃乱射事件 »