« 冬のビール | トップページ | 配偶者はいつでも相続人 »

2007年12月 9日 (日)

相続の話のはずがミステリー

サムライ塾の民法講座に行ってきました。科目は相続です。相続と聞くと横溝正史をはじめとするオドロオドロしいミステリーの世界を思い浮かべてしまうのは私だけだろうか。こんなに殺しちゃったら犯人バレバレだろってほど殺しまくりで、探偵が登場してもお構いなしにバッタバッタと死体の山。今さらかよ!?なタイミングで謎解き。現実に起こったら最悪ですね。大好きですけどね。いえ殺人じゃなくミステリーが。
最近忙しくて(宿題をさぼってるような罪悪感がたまらず読めないだけです)あまり読んでませんが新刊が出たら必ず購入するのは京極夏彦さまの某シリーズです。やっぱ探偵が・・・いいっす。ビジュアルも経歴も。あの二人と居なさそうな性格が最高です。次から次へと新刊を出してほしいです。京極先生よろしくお願い致します。そういえば今度映画になりますね。いずれレンタルを。

ミステリーといえば綾辻行人さまも見逃せません。“館シリーズ”の“時計館の殺人”で○○が死んだときには泣きました。なんで殺すかな?読み進むうちにもしかして殺されるかな?という感触はちょろちょろあったけど・・・あれはなんか衝撃でした。ヤツには生き残って欲しかったのにな(涙)

時計館の殺人 (講談社文庫) 時計館の殺人 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 士業ブログへ  ←ぽちっとな

|

« 冬のビール | トップページ | 配偶者はいつでも相続人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もそっち系の本が大好きです。
なんてたって、小学生の時読み始めたのが、ルパンやホームズだったもの。
今も内田康夫とか東田、西村、高橋克彦だったりしてます。

投稿: クレヨン | 2007年12月 9日 (日) 22時21分

クレヨンさん
浅見光彦、昔ハマりましたね~
テレビバージョンで水谷豊が主演した時はぶっ飛びましたけど(*^_^*)

投稿: おさる | 2007年12月10日 (月) 00時10分

発見しました。
面白いですね。文才、ありますよ。
これから毎日読ませていただきます。

私のブログとリンクさせます?

事務所紹介ページの写真はご本人ですか?
ちょっと違うような??

投稿: サムライ塾の里です。 | 2007年12月15日 (土) 01時00分

里先生
いらっしゃいませ~
もちろんリンク希望です!
あの写真はNTTのお仕着せですよ。
なんせわたしデジカメを持っていませんので「写真は掲載されますか?」の問いに「適当に載せといて」と即答。そしたら女名前の事務所ってことで選んでくださったのが、かの写真です。
もしかして一人ぐらい勘違いして…と思わなくもありませんでしたが^^;

投稿: おさる | 2007年12月15日 (土) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9323684

この記事へのトラックバック一覧です: 相続の話のはずがミステリー:

« 冬のビール | トップページ | 配偶者はいつでも相続人 »