« 相続人の範囲 | トップページ | 行政書士試験不合格の理由 »

2007年12月18日 (火)

行政書士試験受験生時代のお話し

行政書士試験を私は3回受験している。当然2回落ちたから3回受験した訳です。
受験したのは16年度17年度18年度。18年度の試験は試験科目が変更されたり記述も論述型になるなど前年とは違った対策を迫られた。それはしかたないとしても、どんな風に変更されるのか、という情報が受験生に降りてくるのにやたら時間がかかったように記憶している。特に記述については、夏ごろに論述形式になる、と聞いたように思う。本試験の日程も18年度から、それまで10月に実施されていたのが11月に変更された。夏に聞いて11月本試験・・・どうしろって言うの?って感じでした。
最初から独学での受験は考えていなかったので、某大手予備校に通っていたのですが、予備校の新試験対策も後手後手で試験センターから発表があるまでこれと言った対策は何一つ採っていなかった。

私自身が独自の新試験対策を早め早めで採っていたかと言うとそれもそうでもない。9月頃までは新試験対策としてはなにもしなかったというのがホントのところだ。というか何をすればその対策になるのかわからん、が正直なところでした。もちろん予備校や出版社などで新試験対策用の講座や書籍が売り出されたりしはじめたので、それは購入したりあちこちの予備校の講座に参加したりしましたが。しかしそれはかなり本試験近くになってからの事で、9月辺りまでは前年と同じように、条文・テキスト・過去問を繰り返していた。

択一試験の変更ならまだしも、どれだけ真面目に試験勉強をしていても、記述はそれ相応の試験対策が必要で、はじめて新試験用の記述の練習問題を解いたときに「こんなに出来ないのかー!」な状態でした。がしかし人間追いつめられると結構やるもんで11月に入った頃には一日10時間以上は勉強時間に充ててました。あと1か月続いていたら・・・体壊してたでしょうね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   ←いつもありがとうございます。

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 相続人の範囲 | トップページ | 行政書士試験不合格の理由 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

記述今だに覚えているもの・・会期、明白かつ現在の危険、二重の基準、、、
40字移行は7月1日の発表でしたね。
択一の延長線上の問題だと言われましたが、今でも別訓練が必要と思っています。自分なりに40字でまとめる練習はしました。
論点で原告適格が的中したから、そこはうれしかったのを覚えています。

投稿: クレヨン | 2007年12月18日 (火) 23時16分

クレヨンさん
7月1日の発表でしたか…。
当時ネットとかで情報を集めたり全くしていなかったので、私が聞いたのはもっと後でした。所詮早めに知ってても大したことは出来やしないので同じことなんだけど、予備校はもっと早くなんか対応してほしかったな。それはいまだにそう思います。

投稿: おさる | 2007年12月19日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9454571

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験受験生時代のお話し:

« 相続人の範囲 | トップページ | 行政書士試験不合格の理由 »