« 配偶者はいつでも相続人 | トップページ | 1番人気はNTTのBフレッツ »

2007年12月11日 (火)

本気で結婚を考えたら電話

外国人のビザ取得について「許可されるか書類を見てほしい」という相談を受けることがある。添付書類が不足していることや申請書の記入についてなどは指摘出来ても許可されるかどうかは残念ながらなんとも言えない。入管が良いと言えば良いしダメだと言えばダメなのである。お話しを聞いていて内心“これは不許可かもしれない”と思う時もあるし“これは許可されるだろう”と思う時もある。しかしあくまでも決めるのは入管なのだ。

外国人の方々が日本で働いたり、日本人と結婚して日本で暮らせるよう入管法等に基づいて必要と思われる立証資料を集め正確かつ誠実に申請書類を作成する。それが行政書士の仕事だと思っている。なのに「日本で働きたいので偽装結婚をしたい。日本人女性を紹介してくれ」と電話が掛かって来ることがある。もちろん無理です。っていうかなんでうちの事務所に掛かって来るかな?うち行政書士事務所なんだけど?ちゃんと本気で結婚したい相手が出来たら電話下さいね。そしたらお手伝いできることもありますので。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ     ←ぽちっとな

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 配偶者はいつでも相続人 | トップページ | 1番人気はNTTのBフレッツ »

外国人の在留資格(ビザ)」カテゴリの記事

コメント

ほぉ、そんなわかりやすいレッドカードも来るのですか!

この業界を何だと思っているのかな。
ん、もしかして個人的な事情かな、江戸っ子ねぇちゃんならやってくれるかもって。

んなわけねぇ。
つら洗って出直せや、おととい来いってとこですね。

投稿: クレヨン | 2007年12月11日 (火) 19時25分

まったくね~^^;
入管じゃなくても「そりゃダメよ」って感じです。

投稿: おさる | 2007年12月11日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9353113

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で結婚を考えたら電話:

« 配偶者はいつでも相続人 | トップページ | 1番人気はNTTのBフレッツ »