« 行政書士試験不合格の理由 | トップページ | 再々行政書士試験チャレンジするか »

2007年12月20日 (木)

再び行政書士試験受験しかし不合格

前年は初めての行政書士試験へのチャレンジということもあり、本試験当日はかなり緊張していて、つまらない勘違いや凡ミスも目立ちました。その辺を踏まえてとにかく本試験当日はあせらず落ち着いて問題を読もうと心に誓いました。問題を解くのはキチンと問題が読めてさえいれば何とかなる、と16年度の失敗から思いました。

この年(17年度)の行政書士試験で戸籍法・住民基本台帳法・税法・労働法・行政書士法は試験科目から外れると聞いていたので、なにやらフクザツな気分でした。税法については範囲が広すぎてとてもやりきれるものではない、と判断していたので捨ててましたが、他の科目はちゃんと勉強していたので、もしも来年も受験するようなこになったとしても、この知識は受験ではもう役に立たないのかな、とか思ってました。来年また受けることになるとは、思いたくはありませんでしたが。

勉強方法としては前年とあまり変えませんでした。実際法令では点数が取れていましたので、やり方は間違ってないと思いましたし。予備校も変えませんでした。前に習った講師が良かったんですが、日程が合わず講師は変わりました。この年は前年よりちょっと早めの2月から予備校に通い始めました。前年の本試験から2月に予備校に通い出すまでの間は、まったく勉強しませんでした

予備校での科目別答錬での成績は常に上位でした。しかし前年の行政書士試験当日の苦い記憶がまだまだ生々しく残っていたので余裕などカケラもありません。予備校でどんなに成績が良くても本試験で不合格なら意味はないのです。

17年度行政書士試験当日。早めに出かけたので1時間くらい中央大学後楽園キャンパスの庭で教室が開くのを待ちました。すごく寒かったのを今でも覚えています。大学の門の前で予備校が配っていた“最終チェックポイント”なるものに目を通しながら時間が来ました。いよいよです。どちらが先だったかはもう忘れちゃいましたが答案用紙と問題用紙が配られました。“落ち着いてやればダイジョウブ”とずっと呪文のように唱えていました。もちろん心の中で。声に出すと他の方に迷惑ですからね。答案用紙の記述問題を記載する欄が見えました。“?”なんだろこれ・・・。ナントカの法理ってナニ?もうその後は推して知るべしです。試験の間中アタマの中は法理、法理で一杯でした。“冷静に”とか“問題をよく読む”とかは試験終了まで一度も思い出しもしませんでした。

私が使っていた予備校のテキストには“二重の基準の法理”とか“明白かつ現在の危険の法理”とかの言葉は残念ながら載っていませんでした。それはしかたがないとしても、前年に引き続き冷静になれなかった自分には、ほとほと愛想が尽きはてました。大ばかです。

ちなみに記述はアレでしたが、実は法令は合格ラインを超えていました。またまた一般教養9問しか取れず足切りされたのです。行政書士試験恐るべし。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   ←ぽちっと

ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 行政書士試験不合格の理由 | トップページ | 再々行政書士試験チャレンジするか »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

そうですね、あのころの穴埋め問題は憲法と行政法がやたら難しく、地方自治法や民法は点が取れましたね。
法令択一問題征服のための勉強方法もシリーズ化して下さい。

投稿: クレヨン | 2007年12月20日 (木) 16時07分

受験生時代を振り返ると止めどなくネタが…。
行政事件訴訟法の記述は難しかったですよね。民訴やってる人には簡単かもだけど。なんせテキストの知識しかないので(T_T)

投稿: おさる | 2007年12月20日 (木) 16時16分

受験ネタですか。
いいですね。私も参考にさせてください。

ところでクレヨンさんって、私も知っている方?
身内のような気がしてきましたが。

投稿: サムライ塾の里です。 | 2007年12月20日 (木) 19時12分

里先生
クレヨンは仮の姿ですので、実態は多分よく知っている方かも…しれませんが、そうじゃないかもしれないとも限りません。どっちでしょ。
そこら辺はクレヨンさんご本人に聴取プリーズ。

投稿: おさる | 2007年12月20日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506183/9488473

この記事へのトラックバック一覧です: 再び行政書士試験受験しかし不合格:

« 行政書士試験不合格の理由 | トップページ | 再々行政書士試験チャレンジするか »